ヴォクシーのエンブレムの意味は?エンブレムのモチーフは何?

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

『父になっても自分のスタイルを貫きたい。「カッコいい」を諦めない。』このCM、知っていますか?

名前は”ヴォクシー”でトヨタ車なんです。このCMは3代目ヴォクシーのものですが、ヴォクシーは2001年に発売されたミニバンです。カッコいいお父さんが乗るカッコいい車というスタンスでつくられています。また、室内では『ここは居心地バツグンの秘密基地。家ではできない話をしよう。』というコンセプトをとっています。

でも、このヴォクシーは(N)をモチーフとしたエンブレムを使用しています。トヨタ車なのになぜ?エンブレムとは、自動車のボンネットにつけるメーカーのマークなどをいいますが、トヨタ車には車種によってエンブレムが違っているそうです。

スポンサードリンク

 ヴォクシーの由来は?

引用先:トヨタ

ヴォクシーの車名の由来は何ですか?という質問に対して、アンサーでは、英語のVOX(言葉・声)からの造語。BOXY(英語の「箱型」の意)を連想させるとともに若々しい響きの五感からの命名。とのことです。

ヴォクシーのエンブレムの秘密!

マイ(妻)
トヨタの車って車種によってエンブレムが違いますよね。

トヨタには「トヨタ」「トヨペット」「カローラ」「ネッツの4系列の販売店があります。

ここで各モデルのエンブレムは、販売系列ごとの専売車種では車種エンブレム(クラウン、カローラなど)、併売車種にはトヨタエンブレムが使われているようです。

ヴォクシーはネッツ専売車種なので、ネッツのエンブレムが使われています。その他にもヴィッツ、オーリスなどもネッツのエンブレムです。

車の仙人
ネッツのエンブレムは、トヨタのDNAを受け継いでいくということを象徴しており、DNAのらせん構造とネッツの頭文字のNとを合わせてデザインされているんだカー。
スポンサードリンク

エンブレムは交換できるの?

ヴォクシーのエンブレムって斜めライン(Nマーク)のネッツのエンブレムです。Nマークも悪くないのですが、トヨタエンブレムの方が高級感が若干アップするという意見は多いので、このエンブレムを変えたいという方は結構いるかもしれませんね。出来ればトヨタエンブレムに変えたいということです。

豆知識
この現在のエンブレムは,1989年にトヨタ自動車設立50年を記念して発表されたものです。その企画にはなんと5年も費やされたそうです。
ベテランディーラー
日本を代表する自動車メーカーであるトヨタのエンブレムは3つの楕円で構成されています。
2つの楕円は、お客様の心とトヨタの心を表現し、大きな楕円はその2つの心を繋ぐ世界を表してます。
また、縦横に交わった楕円はTOYOTAの「T」やステアリングホイールを表しており、自動車そのものを意味しています。

これをどうするのかですが、自分でエンブレムを購入してやるしかないようです。

例えばネッツ店でトヨタのエンブレムにしてくれとお願いしても断られることがほとんどだそうですね。結局、販売店が違うのでヴォクシーはネッツのエンブレムじゃないと駄目という感じらしいです。

こちらとしてはネッツ店もトヨタ店、トヨペット店、カローラ店も関係ないのですが、販売元が別になっていてこれは仕方ないようです。

でも、ヴォクシーのエンブレムの交換はそんなに難しくないみたいですよ。

エンブレムの交換方法はまずは新しいのを購入します。ヴォクシー用のトヨタエンブレムは結構売っています。

70系ヴォクシーというのは前のモデルです。

80系ヴォクシーというのは今のモデル(2014年モデルチェンジ)用のエンブレムです。

次にネッツエンブレムを外す作業ですが、剥がし方はへらで取る。タコ糸などでじわじわ剥がすなどいろいろあるようです。またその際にはステッカー剥がしを使って丁寧に行うときれいに剥がれるようです。

最後に強力な両面テープでトヨタエンブレムを貼って終了です。

どうもトヨタ車のエンブレムって両面テープでつけているみたいですね。エンブレム交換をしたことが無いので知りませんでしたが、テープで貼るということです。仮に取れて落としても安全性には一切関係がないので、また貼ればよいでしょう。

強力な両面テープが良いということは間違いないでしょう。Nマークも悪くないのですが、トヨタエンブレムの方が高級感が若干アップするという意見は多いです。

正直なところ全部トヨタ車なのだからTマークで統一して欲しいですよね…?ちなみにヴェルファイアもネッツマークです。またアルファードやノアはトヨタマークではなく、独自のマークになっています。(ミニバン調査隊より)

貼り方はこちらも参考にしてください↓

新型ヴォクシーZSの内装はどう??カスタム次第で変わるんです!!

2019.01.14
スポンサードリンク

まとめ

  • ヴォクシーの由来は英語のVOX(言葉・声)からの造語。BOXY(英語の「箱型」の意)を連想させるとともに若々しい響きの五感からの命名です。
  • トヨタ車のエンブレムは販売系列ごとの専売車種では車種エンブレム、併売車種にはトヨタエンブレムが使用されています。
  • ヴォクシーのエンブレムは斜めライン(Nマーク)のネッツ仕様のものです。
  • エンブレムの交換はそんなに難しくないので、自分で行いましょう。

エンブレムについては、正直言って普段の生活の中で特に意識したことはありませんでした。でも、リサーチしていくうえですごく気にかかるようになりました。車でドライブしている時や駐車場に停めて用事をする時も、つい車のエンブレムを見てしまいます。

現在、トヨタには57もの車種があるみたいですが、そのうちの何台かは独自のエンブレムを持っているようです。名前の由来とともにエンブレムのもつ意味がわかると、車に対する愛着がより湧いてくるのかもしれませんね。

 

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。

この8項目だけ入力すればOK↓

→今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です