新型ヴォクシー!モデルチェンジの時期は?確実に◯◯が変わる!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

ファミリー層に人気のミニバンですが、国産車だけで23種類もあるって知ってました?さらにSS・S・M・L・LLの5種類のサイズもあるみたいなんです。僕は、全然知りませんでした。

ミニバンの人気どころは知ってますよ。TOYATAのMサイズのミニバンです。3兄弟といえば…ノア、ヴォクシー、エスクァイアです。その中でヴォクシーは、3兄弟の中でもイカつくて、1番ヤンチャなイメージです。それがカッコいいんですよね~(笑)

今回は「家族の夢を丸ごと載せる広々とした室内空間を実現し、Fun(快適性)、Utility(使用性)、Nenpi(燃費)を融合して次世代のスペースミニバン」としてもTOYOTAで紹介されているヴォクシーですが、「新型ヴォクシー」4代目が発売と噂されているので調べてみました!

スポンサードリンク

新型ヴォクシー発売は…2020年になる!?

引用:TOYOTA公式HP

姉妹車のノアと同時期に発売されたのがヴォクシーです。ヴォクシーは、若いファミリー層からも人気ですよね。人気の理由として、外装がかっこいいこと・街中を運転するのにちょうど良い大きさだということです。そして維持しやすいことが人気の理由のようです。

そのヴォクシーが、新型が発売になるか~!?と盛り上がっているのはご存知ですか?早くも、2019年もしくは…2020年には新型ヴォクシーが発売にあるかも~と大胆予想している人もいましたよ!

ヴォクシーの発売年表

2001年~2007年:初代(R60G型)

【2004年8月:マイナーチェンジ】

2007年~2014年:2代目(R70G/W型)

1【2010年4月:マイナーチェンジ】

2014年1月~:3代目(R80G/W型)

【2017年7月:マイナーチェンジ】

発売の年表から見ても、販売周期を考えると…そろそろ新型ヴォクシーが発売されるのではないかな…と期待しちゃいますよね。

ケンタ
ヴォクシーって見た目が、もの凄くカッコいいよね~。内装は意外とシンプルな感じはするけど(笑)車体もアルファードよりも高さがないから、乗り降りしやすい感じだよね!それにドレスアップを楽しめる車としても人気だよね!
マイ(妻)
小さい子どもがいる家族には、子ども自身が安全に乗り降りできるのは嬉しいよね!あんなり高いと、私もどっこいしょ~ってな感じで大変なのよ~(笑)
ドレスアップとは?

メーカー純正の車を自分の好みに改造することをいいます。例えばハンドルカバーやカップフォルダーなどを取り付けたり、外装のエンブレムやマフラーを取り換えたりするのもドレスアップです!車をかっこ良く、快適に自分好みに改造するのがドレスアップ車といいます。

ミニバンの中でも人気のヴォクシーなので、新型が発売するかも~となればすごく楽しみですよね。では、大胆予想をしていきましょう。

新型ヴォクシーに、新〇〇採用となる!?

新型といえば、外装も内装も全部変わって新しく生まれ変わりますよね!それが、フルモデルチェンジです。もともと外装もカッコいいヴォクシーがどう変わっていくのか楽しみです。大幅に変わりそうなところを紹介します。

新プラットフォームが採用の可能性もある!?


引用:TOYOTA公式HP(画像は、C-HR)

画像は、TOYOTAのSUV車「C-HR」の新プラットフォームです。

最近よく見たり聞いたりすることが増えたのが、TNGAプラットフォームという言葉です。TNGAは「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー」の頭文字で、TNGAプラットフォームと言われています。

車の仙人
簡単にいえばプラットフォームとは、車の骨組みのこと!エンジンやモーターなどを載せる大切な部分だカー!この改良には、すごく長い月日が費やされるんだカー。約10年かかることもあるんだカー!
ケンタ
プラットフォーム、骨組みなんでね!プラットホームが変わることによって何がどう変わっていくのかな~?きっと乗り心地も変わっていくのはわかるよね~。他には?どんなことが変わるのかな~?

新プラットフォームは、「プリウス」「新型クラウン」にも搭載されていますよ。

新プラットフォームでどう変わる?
  • 車との一体感を感じる運転席
  • 視界を広げ安全性を上がる。
  • 走行安定性の向上することによって、減速・加速時において自然で滑らかな走りが実現する。
  • ハンドリングが良くなることで、コーナリングがスムーズにり快適な運転になる。
  • あらゆる路面の安定した走りが出来る。
  • 衝突安全性能などの向上に繋がる。
  • デザイン自由度の広がる。

新プラットフォームの採用にとって、今まで以上に運転が快適になり、乗り心地もよくなります。また、室内のデザインの幅も広がり、ゆったりとした空間へと変わります。

また、ヴォクシーは家族向けの車のイメージが強いですよね。自分が気をつけて運転していても、いつ何時ぶつけられるかもわかりません。万が一のために衝突性能機能が向上して頑丈なボディを備えていれば、運転も一緒に乗る人も安心ですよね。

ケンタ
新プラットフォームで、こんなにもいいことがあるなんて、是非ヴォクシーにも搭載して欲しいよね。より安全になって、デザインの幅も広がるのはいいことづくしじゃん!

新開発のダイレクトシフトCVTも搭載される!?


引用:TOYOTA公式HP

「レクサスUV」に搭載されているのが、新開発のダイレクトシフトCVTです。

  1. 燃費が良くなる
  2. スムーズなギアチェンジが出来る
  3. パワフルな走りも可能になる
「CVT」とは!?

「Continuously Variable Transmission」:コンチノースリー・バリアブル・トランスミッションという英語の頭文字で名づけられました。ギヤを使わずにベルトやチェーンとプーリーを利用した無段階自動変速機のことをいいます。

レクサスにも搭載の「CVT」トランスミッションの搭載によって、燃費が良くなるのは嬉しいですよね。

現行ヴォクシーの燃費

  • ガソリン車:14.8~16.0Km/L
  • ハイブリット車:23.8Km/L
ケンタ
現行のヴォクシーの燃費が最低ラインだとしたら、どれだけ燃費が良くなるか楽しみだよね~!

燃費が良い→家計優しい→ちょっとお小遣いアップ!な~んてこともあるかもしれませんね(笑)もしくは、燃費が良いからいろんなところへお出かけの回数も増えるかもしれませんね。思い出がたくさん増えること間違いなしです。いいことづくしかもしれませんね!

少し欲を出して要望すると・・・


引用:TOYOTA公式HP(画像は、C-HR)

C-HRに搭載されている新開発サスペンションです。家族向けの車のイメージは強いですが、やっぱり走りにもこだわりたいのが、男というものです!見た目もかっこいいんだから、走りも…って欲張りですよね。だから、要望をいうことはいいことです…よね!(笑)

車の仙人
サスペンションとは、自動車やバイクなどで使われる、車輪と車体をつなぐ部分んだカー。路面からの振動や衝撃を吸収して、車体を安定させるんだカー!
  • 車高に影響されない操縦安定性が実現します。
  • 乗り心地のさらに良くなる。

SUV車の「C-HR」で搭載されているので、是非ヴォクシーにもと思ってしまいますね。家族向けの車でもあるので、あんまり揺れると子ども達もそうですが、車酔いの原因にもなりますよね(汗)

また家族みんなでレジャーやアウトドアへいろんなところに連れていきたいですよね。そんな時に、街乗りはもちろんのこと、どんな道でも安定して走ってくれたら嬉しいですよね。

外装もかっこよくて、走りもいいヴォクシーだったら、自慢の車になること間違いなしですよね!

ケンタ
要望として、ゴリゴリ言っておこう~!!きっとTOYOTAの調査チームが、動き始めているかも~。ここに要望がありますよー(笑)

快適性能でさらに安心安全に!

「T-Connect」は搭載して欲しいですよね!新型クラウンには標準装備されています。現行のヴォクシーはオプションとなっているので、専用の端末DCMの搭載で標準装備になるとより快適なカーライフになること間違いなしですよね。

  • オペレーターサービス

24時間365日、オペレーターが口頭で対応してくれます。

  • セーフティ/セキュリティ(マイカーSecurity)

車両に搭載されたDCMにより、車両の盗難などの異常を感知して位置を追跡してくれるカーセキュリティサービスです。

  • ヘルプネット

ドライバーの緊急事態に備えて、専用のオペレーターがスタンバイしてくれています。

  • リモートメンテナンスサービス

点検や車検の時期を教えてくれます。

  • マップオンデマンド

初めての場所でも、いつもの道でも更新された地図で、安心ドライブをサポートしてくれます。

  • Tルート検索

リアルタイムの情報と、過去の統計を使っていいルートに案内してくれます。

  • エージェント(音声対話サービス)

話しかけるがけで、目的地や欲しい情報をすばやく検索してくれます。

  • 「LINE」マイカーアカウント

お馴染みの「LIEN」アプリでスマホで、マイカーと繋がれます。天気予報や目的地の距離・所要時間、給油状況など、スマホのラインで、車と会話が出来ます。

引用:TOYOTA公式HP

「LINE」マイカーアカウント…2018年12月時点の対象車種

  • プリウスPHV(Sグレードを除く全車種。Sナビパッケージは対象)
  • クラウン(全グレード)
  • カローラスポーツ(全グレード※車載機からの目的地設定には、T-Connectナビの装着が必要となります)
  • プリウス(全グレード※車載機からの目的地設定には、T-Connectナビの装着が必要となります)

このサービスはほんの一部の車両にしか搭載されていません。もちろんヴォクシー、ミニバンにも搭載されていませんが、ラインはどの年代も利用しているアプリですよね。特に若者のほとんどは利用していると思います。

ヴォクシーは、ファミリーカーの中でも年齢層の若い人たちに人気車ですよね。そんなヴォクシーにもいち早く搭載して欲しいものですよね!しかも、ラインで友達1台追加~って感じも楽しいですよね(笑)

このサービスが標準装備として付いたら、安心安全で快適になりもっと行きたい場所が広がりどんどんドライブするのが楽しくなりますよね。

スポンサードリンク

2017年にマイナーチェンジした現行ヴォクシーも快適なんです!

引用:TOYOTA公式HP

2014年に、フルモデルチェンジで3代目のヴォクシーが誕生しました。それから2017年にマイナーチェンジになって後期型(現行)になりました!CMも素敵な内容のものが多く、見入ってしまいますよね。

3代目ヴォクシーは「EMOTIONAL BOX」という、個性的なかっこいい車外からでも室内の広さがわかる力強いハコ(箱)というコンセプトで販売しています。

2017年は新しいシリーズも追加に!

  • 2017年7月~:マイナーチェンジ
  • 2017年9月~:新シリーズ「GRスポーツ」
  • 2017年11月~:特別仕様車「ZS”煌(きらめき)”」が追加

マイナーチェンジ後には、シリーズが2つも追加になり大賑わいでしたね!

マイナーチェンジでの変更点

外装

  • ボディカラーに新色追加
  • Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)とLEDクリアランスランプ

内装

  • 内装カラーに新色追加「ブラッドオレンジ&ブラック」
  • センターコンソールボックスとコンセント
  • カップリングフォルダー

快適装備

  • パワースライドドア予約ロック機能が搭載

安全性能

  • セーフティ・サポートカ―

※ハイブリット車は、全車両に標準装備です。ガソリン車は、グレードによって異なります。オプションで装備が可能になります。

フロントフェイスも、前期型と後期型ではだいぶ印象が違いますね。より力強く、スポーティーなデザインに変わりました。

引用:TOYOTA公式HP(新色:イナズマスパーキングブラックガラスフレーク)

ボディカラー

  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • ブラック
  • ブラッキッシュアゲハガラスフレーク
  • イナズマスパーキングブラックガラスフレーク★新色
  • ボルドーマイカメタリック
  • シルバーメタリック
  • アゲハギャルドブロンズメタリック★新色

※グレードによって選べるカラーは異なります。

イナズマスパーキングブラックガラスフレークは、光の当たり具合で、ブラックやグリーンのように見えますよ。角度によっては、ゴールド感もでて、ゴージャスでもありながらセクシーな色合いを見せてくれるカラーになっています。

マイ(妻)
女性の目線から見ると、ボルドーマイカメタリックがいいかも!紫っぽい感じの色だけど、光の当たり具合で表情を変えてイカついイメージの強いヴォクシーを少し優しく見せてくれる色だと思う!

ボディカラーは定番のホワイト・ブラックがやっぱり人気ですが、周りとは違って個性的なカラーもいいかもしれませんね。今後は、新色も人気が出そうです。

外装のBi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)とLEDクリアランスランプは後ほど紹介します。

内装カラーに新色!

内装新色は「ブラッドオレンジ&ブラック」です。黒をベースにオレンジを入れて、すごく鮮やかに個性的な色合いに仕上がっています。黒ベースなのでそこまでにぎやかになり過ぎず、フレッシュな感じのイメージの内装になりますね!

内装カラー

  • ブラック
  • フロマージュ&ブラウン
  • ブラッドオレンジ&ブラック★新色

※グレードによって選べるカラーが異なります。

いつもとは違う内装カラーの新色「ブレットオレンジ&ブラック」は、イカついイメージの強いヴォクシーには遊び心があっていいかもしれませんね。注目度も増すこと間違いなしですね!

大きい収納と便利なコンセント!

引用:TOYOTA公式HP(画像:ハイブリット V)
引用:TOYOTA公式HP

運転席と助手席の間のセンターコンソールボックスが大型の収納になっています。あれこれだして置くと室内がぐちゃぐちゃに…しかも、ファミリーカーとして乗った場合、荷物も増えてきますよね(汗)

必要なもの、大切なものは、センターコンソールボックスへ。大型の収納だから運転席・助手席付近はスッキリしますね。

センターコンソートボックスは、インパネ(ダッシュバード)と一体型になっているので、ボックスサイドにちょっとした収納付きです。地図などしまえるスペースも付いてます。

マイ(妻)
空間を上手に使った工夫の作りがいい~!外見がかっこよくて、中が汚いのは…ちゃっと嫌だから(笑)室内も整理整頓で、快適に!

また室外でも使えるコンセント付きになっています。シフトレバー下と、センターコンソートボックスの後部座席側に2か所あります。

電源は、家庭と同じAC100Vで、携帯電話はもちろんのことパソコンなども使えて便利になりました。

※グレードやメーカーオプションによって異なります。

ケンタ
コンセントが運転席側と後部座席側で、分けられているから便利だよね~。子ども達が、ゲーム機とか持っていった時に、運転席の方で充電されると少し邪魔になるしね(笑)

室内で休憩タイムも快適に!

引用:TOYOTA公式HP

助手席シートの後ろにあるカップフォルダーにちょっとしたお菓子だったり、小物も置けるバックテーブルがあり、とっても便利になっています。

ケンタ
使う時にさっと出して!空間を本当に上手に使った作りだよね。欲を言ったら…運転席側のシートの後ろにも欲しい~かな(笑)
マイ(妻)
これなら、子どもたちとも楽しくお菓子を食べながら、お茶会が出来るね~!運転お願いしまーす(笑)

※グレードによって異なります。

ドアの閉まるのを待たずにお出かけ出来る!?

引用:TOYOTA公式HP

パワースライドドア予約ロック機能が搭載!パワースライドドアのクローズ中(閉まりかけの時)に、フロントドアのハンドルセンサーに触れるだけでカギを締めてくれる予約が出来ちゃうんです!※スマートエントリーシステムとプッシュスタートシステム搭載車で可能です。

また、スマートキーやワイヤレスキーの施錠ボタンでも予約が出来ます。

引用:TOYOTA公式HP

簡単3ステップ操作

  1. パワースライドドア閉作動
  2. スマートロック操作で、施錠を予約
  3. パワースライドドア閉後、施錠完了

この機能が搭載されたことで、今までは子ども達は車から降りたら、先に行ってしまい…「待って~カギ締めてから行くから~」なんて言ってたことが、「一緒に手をつないで出発~!」と子どもの飛び出しも防げますよね。

あれ?鍵しめたっけ?なんて戻って確認する必要もありません。鍵が閉まると、ドアミラーがたたみます。鍵が閉まったことも、簡単に見て確認することができますね。

また、ミラーのたたみ忘れ防止にもなります。混雑している駐車場の場合に、ミラーにぶつけられたり酷い時には、ミラーが曲がったりしてた経験ありませんか?そんな経験がなくても、きちんとミラーをたたんで置けばなんの心配もありませんよね。

マイ(妻)
予約ロック出来るのは、ホントに便利~。雨の日なんて特にそうかも!閉まるまで待ってたら濡れちゃうしね…ホントありがたい機能ね!

※「パワースライドドア予約ロック機能」は、グレードやメーカーオプションと異なります。

子どもも大人も、世代関係なくみんなが乗りやすいのがヴォクシー!!

引用:TOYOTA公式HP

車体が低いのは、子どもたちにとってはとてもいいかもしれませんね。乗るときに、車体が高いと、一人で乗り込むのが大変な時期もあります。そんな時に低い車体だと子どもが自分で乗り降りできることで、楽しくお出かけもできますよね。

また、おじいちゃんやおばあちゃんとお出かけとなった時も、安全に乗り降りが出来れば、世代関係なくみんなでお出かけ出来て楽しさも倍の倍ですよね!

セーフティ・サポートカー(略称:サポカー)

引用:TOYOTA公式HP

最近よく聞くサポカーとは、自動ブレーキをはじめとして「予防安全機能」を備えた車の愛称です。どんなサポートがあるのでしょうか?

Toyota Safety Sense(衝突回避支援パッケージ)

センサー(レーザーレーダーと単眼カメラ)を併用して事故の回避や衝突被害の軽減を支援してくれます。このレーザーレーダーは昼夜の影響を受けにくいのが特徴です。単眼カメラは、さらに遠くまで検知してくれます。

  • プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダーと単眼カメラ方式)

センサーで、先行車の状態を確認し衝突の恐れがある場合に警報ブザーとディスプレイに表示してくれます。さらに、ブレーキアシストが作動する時もあります。

  • レーンディパーチャーアラートンチ

道路上の白線や黄線を単眼カメラで確認して、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線からずれた場合にブザーとディスプレイに表示して警報でお知らせしてくれます。

  • オートマチックハイビーム

ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれます。夜間の歩行者などの早めに発見してサポートしてくれます。自動なので、手動作業のわずらわしさがなくなります。

  • 先行車発進告知機能

信号待ちや渋滞などの時に、先行車が動き出しているのに気づかない時に、ブザーとディスプレイ表示でお知らせしてくれます。[/box]

マイナーチェンジで、ヴォクシーにも搭載になって、家族とのお出かけがより楽しく安全に車で行けるのは嬉しいですね!

かっこいい外装に、安全性も備わっていた!

マイナーチェンジで、フロントのライト部分もよりかっこよくなりました!そこには、安全性も備わっていましたよ!

  • Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)とLEDクリアランスランプ

ライト(光)の輝きがとっても強く、点灯速度も速くなりましたしかも、消費電力も少ない省エネタイプのLEDを使用で、ハイ・ロービームとクリアランスランプが採用されました。

またオートマチックハイビームという機能がついてライトの自動切替をしてくれます。

夜間の運転は日中よりも、かなり気を使っての運転になりますよね。お出かけして、疲れている中での運転もありますが、そんな時に見やすい視界のライトと機能が付いていれば運転もしやすくまりますね。

かっこいい外装の中にも、ドライバーへの快適な運転をサポートしてくれるヴォクシーは、本当に魅力的ですよね!

ドレスアップアップも楽しめます!

引用:TOYOTA公式HP

リアスポイラー(LED付き):114,480円(税込)

引用:TOYOTA公式HP

サイドウインドゥモール(メッキ調):37,800円(税込)

引用:TOYOTA公式HP

メッキドアミラーカバー:12,960円(税込)

ドレスアップには、やっぱりお金はかかります(汗)でも自分好みにアレンジするのもありですよね。メッキ調の取り付けで、さらにかっこ良く見えます。

世界で1台のヴォクシーにするのもいいかもしれません。乗り心地も良くて見た目もカッコいい車は、自慢の車になること間違いなしですね!

スポンサードリンク

まとめ

  • 新型ヴォクシーの発売の予想は早くて2019年!もしくは2020年になるかも。
  • 新型ヴォクシーに搭載されそうなのは、新プラットフォームや新開発ダイレクトシフト、トランスミッションでよりいい走りで燃費もよく、安定する車になるかもしれません。
  • 2017年にマイナーチェンジした現行のヴォクシーも、外装は一段とかっこよく、快適装備も搭載されました。
  • 安全装備も搭載されて、安心安全なカーライフが楽しめるようになりました。

2017年にマイナーチェンジした、実際のヴォクシーも快適な乗り心地でTOYOTAのミニバン3兄弟の中でも人気の外装になっています。

発売周期から見ると、新型ヴォクシーの発売は2020年の可能性があります。現行ヴォクシーよりもかっこ良く、快適で安心安全に進化することを期待しましょう。家族の夢ものせて…いつでも、どこへでも一緒にお出かけしたいものですね。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です