歴代のヴォクシーを見ていこう!!ヴォクシーをもっと知ろう!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

流行りのMクラスのミニバンですが、トヨタのミニバンと言えば…3兄弟!ノア・エスクァイア、そしてヴォクシーですよね。ヴォクシーは、若者向けのミニバンとして人気かもしれません。しかし、歴代のヴォクシーは、少し違った印象をうけるかもしれません!

今回は、歴代のヴォクシーについて調べてみました。今は、かなり角ばったイカつい雰囲気のヴォクシーですが、歴代のヴォクシーはどうだったのでしょうか。ヴォクシーの歴史を知れば、ますますヴォクシーを好きになること間違いましですよ。

ヴォクシーは、まだまだ歴史の浅い車ですが、街中では初代ヴォクシーから新型のヴォクシーがたくさん走っていましよね。当時のCMもまじえてご紹介します。

スポンサードリンク

ヴォクシーの発売の歴史を振り返ろう!

ヴォクシーのCMって、子育て世代には凄い共感できる内容になっていて見入ってしまいますよね。また、これから親になる夫婦にとっても楽しい時間が待っていると想像させてくれるので、何度見ても感動しますよね。

その子育ての中に、カーライフも大きく関わってくると思います。子どもも成長と共に、車の大きさや日常以外での使う目的も変化していきますよね。

子どもが小さい時は、病院だったり日常の使用がメインになってくると思います。どんどん子どもが大きくなれば、アウトドアやレジャーなどで使うことが増えてきますよね。また、これからいろんな所へ連れていきたいな~と思うと思います。

そんな子どもの成長と共にヴォクシーも進化してきました。懐かしいと感じる人もいるかと思います。歴代のヴォクシーを見ていきましょう。

ヴォクシーの歴史

【初代】2001年~2007年

2004年:マイナーチェンジ

【2代目】2007年~2014年

2010年:マイナーチェンジ

【3代目】2014年~

2017年:マイナーチェンジ

ケンタ
ヴォクシー発売当初は、まだ小学生か中1ぐらいか…CM覚えてるな~!お父さん役の俳優さんたちがもの凄くかっこよく感じたな!自分のおやじもこんなんだったらいいな~なんて思ったかも…(笑)

初代ヴォクシー【2001年~2007年】発売

2004-2007 Toyota Voxy.jpg
引用先:ウィキペディア

ヴォクシーの初代は、2001年から発売になりました。トヨタのライトエースという車の後継車としてヴォクシーが誕生しました。

また、ヴォクシーはノアと姉妹車として発売が同時期でした。ノアに比べて、外装重視のドレスアップ要素が強い印象をうけるのがヴォクシーかもしれません。

マイ(妻)
ノアのイメージってママ、お母さんって感じ~!で、ヴォクシーはパパ、お父さんって感じのイメージがあるよね。
ケンタ
ファミリー層向けの車だから、それぞれの目線の車があるのは選べて嬉しいよね!だから同時期に発売になったのか~!

初代ヴォクシーの基本スペック

型番号 R60G型
全長 4.56m~4.63m
全高 1.85m~1.88m
全幅 1.7m
ホイールベース 2.83m
車両重量 1.480km~1.560km
最高出力 152~155ps
燃費 12.6~14.2km/L
駆動方式 FF/4WD
排気量 1998cc
乗車定員 5~8名

エンジンは、直列4気筒2.0L自然吹気でを採用しています。また、プラットフォームは当時に新設計されたものを使っていました。そのため、当時としては燃費のいい車として「平成12年度基準排出ガス25%低減」を達成していました。

車の仙人
プラットフォームは、車の骨組みのことだカー。車にとってエンジンを載せたり、室内空間を決める大事な部分だカー!それによって、もちろん燃費も良くなり走りも変わってくるんだカー。
ケンタ
当時の最新技術をヴォクシーにも搭載していたんだね。外装もカッコいいし、それを可能とする骨組みであるプラットフォームを搭載したヴォクシーは、今でも愛されているんだね!

初代の発売の年表

初代のCMキャラクターとしてトータス松本さんが出演していました。「I am a Father,」というキャッチフレーズでヴォクシーの歴史がはじまりました。

マイナーチェンジ後は、「VOXY THE Cool」のキャッチフレーズで反町隆史さんがCMに出演しました。キャッチフレーズ通りにかなりクールな父親う役を演じていました。

年号 内容
2001年 発売開始
2002年 7月

  • 特別仕様車「Z煌」発売
  • Z煌・ナビスペシャル

12月

  • 特別仕様車「X Limited」
  • X Limited・ナビスペシャル発売
2003年 一部改正

  • 新グレード「X・Lエディション」
  • 「Z 煌II」
  • Z 煌II・ナビスペシャル発売
2004年 マイナーチェンジ

  • 「TRANS-X」
  • Z・ウェルキャブモデル発売
2005年 4月

  • 特別仕様車「Z 煌」
  • 特別仕様車Z 煌・ウェルキャブモデル発売

家庭用の車としても乗りやすくて、おじいちゃんやおばあちゃんのための送迎用の福祉車両(ウェルキャブモデル)としても使われているヴォクシーは、どんな世代にも優しい車なんです。

ヴォクシーのウェルキャブモデルの登場は、5ナンバーで維持費も安く、Mサイズのミニバンなのでどんな人でも運転しやすくから活躍していますよね。今でも、多くのヴォクシーのウェルキャブモデルが活躍している姿を街中でも見ますよね。

ウェルキャブモデルとは?

引用先:TOYOTA公式HP

トヨタで扱う福祉車両を「ウェルキャブ」と命名して、国内自動車メーカーで最多の車種と仕様・タイプを取り揃えているようです。

  • ヴォクシー
  • ノア
  • エスクァイア
  • エスティマ
  • シエンタ
  • アルファード
  • ヴェルファイア

ミニバンの他にもセダンや軽自動車などもウェルキャブモデルがありました。

家族みんなが、どこへ出かけるのにも気兼ねなく、乗り降りもしやすい車があるのは嬉しいです。また、自分のスタイルに合わせて車を選べるって本人もその家族にとっても、とても幸せなことですよね。それを叶えてくれる車の1台にヴォクシーもありました。

初代ヴォクシーの口コミはどうでしょうか?

初代ヴォクシーの方が丸みがあって、優しい感じのイメージで現在発売されているヴォクシーと、見た目もだいぶ違いますね。大きさは、そんなに変わりがない感じです。初代ヴォクシーも発売されてから、かなりの年月が経ちますがまだまだ街中を颯爽と走っていますよね!

どんなに年数が経っても、人気の理由はなんでしょう?長年ヴォクシーを愛車として所有している人から、中古で購入した人までたくさんの口コミがありました。

燃費があまりよくないので、ガソリン代が高くつきます。また、3列目シートに乗ると結構な確率で、車酔いします(汗)でも、シートアレンジでかなり広い空間が作れるので、子どもたちとキャンプに行き際は、テントのセットやBBQセットとたくさんの荷物を載せられるので便利です。
型は古いですが中古で購入した際に価格が安いかった。荷物の積み下ろしも楽にできるので気に入っています。大勢で乗る機会が多いので重宝しています。しかし、燃費はいいとは言えませんね(汗)古いから仕方ないと思っています。古いですが、見た目には、古臭さがないのでいいと思います!
1番は、長く乗れることがヴォクシーの魅力です。独身の時は、友達と遊びに行くのに大勢でワイワイ乗っていました。今では、結婚して家族が増えてチャイルドシートを載せたり、出かける際に子どもの荷物が多い時期のも余裕で乗せることが出来ました。
チャイルドシート2つ乗せても、荷物や人が乗っても余裕があります。2列目から3列目の移動も楽々で乗りやすい。しかし、シートアレンジの際…シートの上げ下げは女性では、重くて大変です。また、2列目がベンチシートタイプなので、3人大人が乗ると気持ち狭く感じます。でも、運転しやすいサイズの車なので満足しています。
古い車なので購入は安く済みました。しかし、純正のナビは使い勝手が悪いので、別のナビに取り替えました。安く買えた分、買った後に少し新しいのと取り換える必要があると思います。でも、自分好みのカスタムが出来るので、大満足です!

たくさんの口コミの中に、燃費が余りよくないという声が多数見られました。初代の基本情報では、12.6~14.2km/Lになっていますが…実際は、悪くて6~8.5km/Lということでした。あまりいいとは言えませんね(汗)良くても、10.1~12.4km/Lでした。

確かに、燃費が良ければガソリン代も節約できて、その分美味しいものが食べれたり、より遠いところにお出かけ出来たりいいこと尽くしですよね。だから、現在はハイブリット車の燃費重視の車を買う人が多いですよね!

初代ヴォクシーの所有者や買った人は、燃費よりも運転しやすかったり室内空間のアレンジが多彩にできたりといったところを重視して乗っているようです。また、長年愛車として同じ型のヴォクシーに乗り続けている方もいました。

また、中古で購入した場合、古い型になるので値段も安いく購入することが出来ます。安く車を買った分、外装や内装を自分好みにカスタムして楽しんでいるようです

マイ(妻)
確かに…新型は高くて若い人たちは手が出せなかったりするよね(汗)中古なら、かなり前に発売されて古い車だけど、価格は安いから手に入れやすいね!
ケンタ
車の発売自体はだいぶ前で古いけど、見た目はそんなに古臭い感じしないよね!安く買って、自分好みにアレンジするのも一つの楽しみだよね。

ケンタ
少し手を加える…カスタムすることで、違った雰囲気の車に大変身するね!もちろん、本気でカスタムする人も多いよね~!でも、それはヴォクシー自体がいい車だって知っているから購入して、カスタムするんだろうね。
スポンサードリンク

2代目ヴォクシー【2007年~2014年】発売

2010 Toyota Voxy Z(S).jpg引用先:ウィキペディア

2代目のヴォクシーは、1代目に比べて少しイカつい感じの外装になってきましたね。また、スポーツタイプの「G SPORTS(通称:G’s)」ヴォクシーも誕生しました。また、2代目のヴォクシーでZ・ZSグレードが3ナンバーになりました。

3ナンバーと5ナンバーの違いは?(ガソリン車の場合)

3ナンバー 5ナンバー
車体の大きさ
  • 全長:4700mm以下
  • 全幅:1700mm以下
  • 全高:2000mm以下
  • 全長:4701mm以上
  • 全幅:1701mm以上
  • 全高:2001mm以上
排気量 2000㏄以下 2001㏄以上
税金 39,500円 45,000円

ひと昔前は、3ナンバーは税金が高く高価な車だと意識されてきましたよね。しかし、今ではあまり関係ないようです。車体の大きさと、排気量でナンバーが変わってきます。ヴォクシーの場合は、車体が少し大きい3ナンバーのグレードがありますが、すべて税金は5ナンバーと同じになっています。(自動車重量税も同じです。)

税金が3ナンバーと5ナンバーで5,500円もの差があれば、かなり気にして車も購入しますよね(汗)だって5,500円もあれば、ミルク缶1つ買っても、まだ余裕です。また5,500円もあれば、子どもの洋服だって枚数買えます。子どもは、成長が早いから洋服もちょこちょこ買わなくちゃいけませんよね(汗)だから、税金の差だって見逃せませんよね!

2代目ヴォクシー、基本スペック

型番号 R70G/W型
全長 4.6m~4.66m
全高 1.82m~1.88m
全幅 1.7m~1.72m
最高出力 140~158ps
燃費 12.4~13.6km/L
駆動方式 FF/4WD
排気量 1986cc
乗車定員 5~8名

当時2代目ヴォクシーには、エンジンは初代ボクシーと同じものを搭載していますが、バブルマッチという新システムを搭載してさらに燃費のいい車になりました。

また、シートアレンジをしやすいような改良もされました。3列目シートは、簡単操作のレバーを引くだけで座席が左右に跳ね上がる仕組みにしました。それがワンタッチスペースアップシートの採用です。

シートアレンジがしやすくなれば、時間をかけずにパパっとその時に使いやすい室内に早変わりですよね。また、子どもたちはちょっとの時間も待ってはいられませんよね(笑)簡単に楽にできれば、すぐにお出かけへ出発できますね。

初代ヴォクシーの口コミからあった女性がシートアレンジが大変という声から改良されたんだと思います。この改良によってよりヴォクシーは、家族全員が快適に乗りやすくまたいつか一段と素敵な車になりました。

2代目ヴォクシーの年表

2代目ヴォクシーのCMには、反町隆史さんが出演していましたよね。2代目前期型では「父になろう。」のキャッチフレーズでした。また、浅野忠信さんや布袋寅泰さんも出演して、ヴォクシーが父のカッコよさを引き立てる車として売り出していました。

後期型になると「男旅しよう。」になり、ますますヴォクシーのイメージがカッコいい父親が乗る車として人気が出ましたよね。

マイ(妻)
女性から見ても、ヴォクシーに乗るカッコいい父親の印象が強くなったと思う!こんな父親…旦那だったら素敵~みたいな(笑)
ケンタ
カッコいい父親像に男性目線だと憧れるよね~!こんな父親が乗る車もカッコよくなくちゃ!って感じだよね。
年号
2007年 フルモデルチェンジ
2008年 「ZS 煌」発売
2009年 「ZS 煌 Ⅱ」発売
2010年 4月

マイナーチェンジ

6月

  • スポーツコンバージョン仕様「G SPORTS(通称:G’s)」発売

9月

  •  特別仕様車「ZS “煌”」を再発売
2011年 5月

  •  “G SPORTS”シリーズを一部改良

10月

  • 特別仕様車「ZS “煌 II”」発売
2013年 5月

  • 特別仕様車「ZS “煌 Z”」を発売

2代目ヴォクシーで、「ZS煌」シリーズが続々と発売になりました。煌シリーズは今まで、ファミリー向けの車としていましたが、2代目ヴォクシーからはさらに外装を変えることで年齢層の幅を広げました。

また、その間にも「G SPORTS(通称:G’s)」とスポーツタイプのヴォクシーが登場し、2代目ヴォクシーでかなり大きな変化があったのではないでしょうか。

セカンドシート(2列目)のアレンジにも変更があり、7人乗りのヴォクシーにクルクル回転する2列目シート(左右マルチ回転シートは当時オプションでした)搭載など、便利な機能も採用されました。※マルチ回転シートのヴォクシーはマイナーチェンジ前のモデルになります。

友人は、幼い時に車種は違いますが、マルチ回転シートのある車に乗っていました。2列目のシートが後ろ向きになり3列目と対面式になるシートアレンジがかなり気に入っていたのを思い出しました。

マイ(妻)
子どもって、シートアレンジで室内空間が変わるの好きだよね~!しかも、2列目と3列目が向い合せで乗れるって、会話も弾み楽しくドライブできるよね!
ケンタ
友人も、特別感があってすごく出かけるのが楽しかったって言ってた!そういう記憶って大人になっても残ってるんだよね~!

2代目ヴォクシーの口コミは??


2代目ヴォクシーは、2007年からの発売で2013年にマイナーチェンジしたので、まだ比較的に新しいですね。新型ヴォクシーが発売になり買い替えた人もいるようで、中古車も探せば程度のいいものがあるようです。

内装が、初代ヴォクシーより広いし外装もスタイリッシュでいい!また、広くなったことで2列目シートの使い勝手がよくなった気がする。回転するシートはかなり使いやすいです。あとは、人気車種なだけに同じ車が並んで駐車することも…たまに自分の車、間違えます(笑)
内装はシンプルだけど装備はきちんとついているので、快適に過ごせます。外装は、現行のヴォクシーに比べたら古臭い感じはするけど…(笑)でも、長く乗れる車なのは間違いない!そして、これから少しずつカスタムする予定です。
家族で快適に乗れる車を探していてヴォクシーにえてよかった。いろいろ検討したけど、見た目も考えるとヴォクシーにして良かったです。また、見た目だけではなかった。乗り心地もよくて、広い空間は子どもたちも大満足です。出かけるのが、また一段と楽しくなりました。
運転がしやすい!またお気に入りがエアコンです。別々に温度調整出来るので、かなり快適です。後部座席の方もバッチリ温まるし、涼しくなる。2列目のシートのスライドが少しやりにくいのは気になります。
以前に小さい車に乗っていたので、ヴォクシーの運転は心配しましたが…かなり運転しやすかった。車体は大きいが、運転席の視野も広く、フロント部分が短いので運転はすぐに慣れました。しかし、燃費があまりよくないかな~と感じました。でも、人数も乗っているから仕方ないのかな~と思います。

乗り心地も家族みんなが大満足しているようでした。外装もカッコよく、室内空間も広々でシートアレンジも自由自在なヴォクシーは、長年人気なのもわかる気がします。

3代目ヴォクシー【2014年~現行】

引用先:TOYOTA公式HP

新型ヴォクシーのデザインコンセプトは「EMOTIONAL BOX」車外からでも室内の広さがわかる力強いハコ(箱)ということで、かなり角ばった感じの外装になりました。

ZSグレードは、「エアロ仕様」になっていて他のグレードよりもより外装重視の人にオススメです。エアロが付いた外装なので、外装のカスタムより内装のカスタムする人にもオススメかもしれません。

ケンタ
新型ヴォクシーは、歴代のヴォクシーの中でも、かなりイカつい感じの外装になった気がする!ますます若者向けになったかもしれまいね。

新型ヴォクシー基本スペック

型番号 R80G/W型
全長 4.7m~4.8m
全高 1.81m~1.87m
全幅 1.7m~1.74m
最高出力 99~152ps
燃費 140~23.8km/L
駆動方式 FF/4WD
排気量 1797~1986cc
乗車定員 5~8名

3代目は、やっぱり燃費がかなりよくなってきましたよね。外装もかっこよくて、燃費もいいとくればMサイズのミニバンの中でも人気なのも分かる気がしますよね。

新型ヴォクシーの年表

2014年のフルモデルチェンジは、記憶に新しいと思います。2代目ヴォクシーのCMでは、ダンディーな父親というイメージが強かったですよね。

3代目ヴォクシー前期型の場合は「俺、父、俺」のキャッチフレーズで瑛太さんがCMに出演し、若い父親な感じのイメージにかわりましたよね。他にも、今話題の俳優さんが出演していました。

ケンタ
3代目ヴォクシーから、俳優さんもかなり若くなった気がする!やっぱり、若い人向けにCMも作られてる感じだよね。僕達からしてみれば、かなり身近な父親のイメージになった感じ!
年号
2014年 フルモデルチェンジ

ハイブリット車登場

  • HYBRID V、Z、ZS
2016年 4月

スポーツコンバージョンモデル:「ZS”G’s”」販売開始

7月

特別仕様車「ZS 煌II」販売

2017年 マイナーチェンジ
2019年 一部改良:特別仕様車「ZS 煌II」

3代目にしてやっと、ヴォクシーにもハイブリット車が発売になりました。ずっと待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか!マイナーチェンジ後さらに安全性能もよくなり、ますます人気になりました。

ヴォクシーのハイブリット車についても調べてみたので是非、ご覧ください!

ヴォクシーハイブリッドの実燃費を徹底調査!ハイブリッドの魅力!

2019年1月15日

3代目ヴォクシーの口コミは?

運転席からの見晴らしは良い、静かに走行出来て安定性も抜群!ほどよくスポーティーな感じが気に入っている。乗り心地は良いが、荒れた路面はどうしても苦手な気がするが、街乗りメインだから、問題ない。
高級感はないが、安っぽい感じもしないのでちょうどいい。タコメーターがあるとよりスポーティーな感じでいいと思った。純正スピーカーはちょっと不満。一般道はパワー不足を感じられないのでいいと思う。高速道路だと100キロ以上出すと少しエンジン音がうるさい気がする。 山道のカーブでのロールもこの車高では優秀だと思う。ただ高速道路の橋の上などで横風を受けた場合はかなりハンドルが取られるので少し怖い。燃費も以前よりはかなり良くなったと思う。
座り心地はかなりいい感じ!シートの生地は少しザラザラ感がありあまり触り心地は良くない気がするから、シートカバーで自分好みにカスタム!これが楽しい~。アウトドアやレジャーでも使用するがセカンドシートが思ったよりフラットにならないので少し気になる。工夫すれば寝心地も良くなると思う。以前のヴォクシーよりかなり燃費が良くなっていいと思う。自動ブレーキシステムは少し敏感すぎる感じがあり私は必要ないと思う。
フロントフェイスがすごく気にいっています。収納がたくさんあってかなり重宝している。乗り心地も良く疲れにくいです。燃費もいいから以前乗っていた同じミニバンより、給油しなくて済むのでかなりお得感があります。エンジンのパワーも不足と感じた事はありません。ヴォクシーだと街乗りはそうですがレジャーやアウトドアにもかなり最適な車だと思います。
とにかく静かで隣の人の声がよく聞こえます。楽しい空間で快適に移動できるので最高です。メッキパーツがギラギラした感じのエアロ使用のヴォクシーは、あまり好きではないかな~。だから、普通のヴォクシーで大満足!

3代目のヴォクシーも高評価な口コミが多い感じがしました。外装も内装も、進化してどんどん良くなっているようです。もちろん乗り心地もいいとの声も多かったです。

見た目には、好みの問題があるので「エアロ仕様」が少しギラギラしている…ヤンキーっぽいとの声もありましたが、ある意味ここまでギラギラしている方が遠くから見ても、ヴォクシーだ!とわかるのでいいかもしれません(笑)

そんなヴォクシーの噂は耳にしているでしょうか?新たにフルモデルチェンジで新型発売か?と言われています。調べてみたのでご覧ください。

新型ヴォクシー!モデルチェンジの時期は?確実に◯◯が変わる!!

2019年1月6日
スポンサードリンク

まとめ

  • ヴォクシーは2001年から発売になりました。
  • 初代から2代目ヴォクシーは、ダンディーな父親が乗る車としてのイメージが強かったヴォクシーですが、2014年からの3代目ヴォクシーは、幅を広げて若者向けのヴォクシーとして発売されました。
  • 見た目のどんどん角ばった箱形の外装になり、安全性能も進化して現行のヴォクシーが誕生しました。
  • 家庭用としての車としても、介護用の送迎車としても、幅広い年代から愛されています。
  • 今でも、初代ヴォクシーから、現行のヴォクシーは、現役で走りつつけています。

歴代のヴォクシーはいかがでしたか?トヨタも常に最新の技術を搭載してヴォクシーは進化してきました。また、その時代に合わせて求められるものが違いますが、カッコいい父親が乗る車はヴォクシーだというコンセプトは初代から変わりませんでした。

1人の男として、父親としてもカッコいい男でありたい!と願うのは世代は関係ないかもしれません。そんな家族思いで優しい父、カッコいい父を演出してくれるヴォクシーです。今後のヴォクシーの進化も見逃せませんね。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です