車中泊にはヴォクシーがおすすめ!便利グッズで楽しむキャンプ

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

皆さん、家族と車中泊って行かれた事ありますか?僕は最近キャンプに車中泊もいいなぁって思い、車中泊に興味を持ったとこです。小さい子供を連れていると、テントの設営に時間がかかってしまったら「あれ、どこ行った~?」なんて慌てて探したりと、けっこう大変なんですよ。

それに気温とか予報は見れても、実際現地に着いてみないとどのくらいの温度か分からないですよね。特に夜寝る時なんかに、「暑くて寝られない」なんて言われても、「我慢しなさい」としか言いようがないのは避けたいところでしょう。

ヴォクシーでの車中泊なら、そんな時にエアコンを効かせてあげられる事も出来ますよね。後はキャンプに役立つ便利グッズも準備物に入れて「いざ車中泊へ連れ出そう!」と計画しようと思い、いろいろ調べてみました。

スポンサードリンク

ヴォクシー“MU”発売!車中泊やキャンプに使える?

引用先:トヨタ

2019年1月7日にTOYOTAからノア・ヴォクシー・エスクァイアの3車種を、自由空間のコンプリートカーとして発売されたのをご存知でしょうか。ヴォクシー“MU(マルチユーティリティ)”と名付けられたようですが、こんな画像を見せられると、すぐにでも出かけたくなりますね。

今回発売のヴォクシー”MU”には、なんとシートは2列だけの5人乗りにしてしまって、後ろは全部ラゲッジスペースになるんですって。ヴォクシーって7人とか8人も乗れるというのに、ずいぶん思い切りましたよね。

確かにヴォクシーのユーザーの口コミで、「前席と2列目までの5人乗りにして、後ろは荷物用にしています」なんて使い方をしているともありましたが、TOYOTAの方で、その使い方限定車種をつくってしまったんですね。

気になったので調べてみると、ヴォクシーには2004年~2010年にトランス-Xのグレードで2列5人乗り仕様があったのですね。僕はヴォクシーには5人乗り仕様なんて見たことなく、てっきり7人乗りか8人乗りしかないものだと思ってたので驚きました。

友人
そういえば従来のヴォクシーを買う時は、7人乗りにするか8人乗りにするかで悩んでたけど、5人乗りにされちゃったら、もう迷いようがないね(笑)
スポンサードリンク

ヴォクシーの“MU”は車中泊に、便利グッズ搭載なアウトドア仕様!

ヴォクシー”MU”は、今までの3列目のスペースを常にラゲージスペースとして最大限に活用出来るようしているので、アウトドアの道具を積み込んで、キャンプ等に出かけたりするのにとても便利ですね。

それにそのアウトドア用品を手作りする為に、ホームセンターで大きな材料なんかを買っても、自分のヴォクシーで家に持ち帰れますしね。

”MU”の期待のオプションは○○?ベッドやスペースの仕切りも可能?

幅広い使い方のできる車両としてヴォクシー”MU”が発売されているようですが、”MU”専用販売店装着オプションとして販売されるものがあり、車中泊やキャンプ等に役立つ便利グッズを見つけました。

トヨタからこんな動画まであったのですよ。マルチボードの使い方を紹介してあって、荷物を置く棚にしたり、ベッドの作り方等があって、びっくりとワクワクが止まらないんですよ。

【マルチユースボード:2枚セット(税込み129,600円)】

動画でも紹介されていたマルチユースボードは、日常的にはラゲージの仕切り棚に使えますね。ボードの脚を短くすれば、2列目シートと高さがぴったり出来て、車中泊用の広々としたベッドにも使用出来るようになっているとはホントすごいです。

1枚あたり最大100㎏耐えるそうなので大人も乗れるんですが、人数や重量は加減してくださいね。ベッドに下に出来るスペースに荷物を入れておけるので、荷物に占領される事無く広々と使えそうですよ。

マイ(妻)
車外へ持ち出して、脚のパーツを伸び縮みさせたら、そのままテーブルとベンチのセットとして使えるようにですって!欲しい機能が最初からついてるのが素敵だわ~。

使わない時には脚を取り外してセカンドシートの背面に立てかけ、付属のベルトでしっかり固定出来ていましたね。大きなものを積みたい時など、いざというときや日常使いにも使え足りと、幅が広いのもうれしいですね。

”MU”の標準装備は○○?便利グッズは車中泊に向いてる?

”MU”の標準装備の「”MU”専用フロア」として現れた、ラゲージスペースのフロアの雰囲気は、まるでお家のフローリングのようですよ。

耐摩耗性に優れたロンリューム(硬質塩ビ)を採用されているとの事で水や汚れに強く、見た目もオーク木目調になっているので、リビングみたいにきれいに使いたいなって思わせますよ。この目立つフロアの他にも便利グッズが標準装備されているのを紹介します。

【床下収納】

ヴォクシーのラゲッジスペースの床下に、ミニバンの大きさを活かした収納が出来る様です。サイズは、幅:約1,200mm(最大)×深さ:約210mm×奥行:約570mmです。

ケンタ
僕のディレクターチェアの長さは870mmだから、床下収納に余裕で収まってくれそうだね。チェアって結構長いから、いっつも置き場に困ってたからちょうどいいよね。
マイ(妻)
車内でゴロゴロ転がったりされると邪魔だから、助かるわ~。

【ハンガーフック】

ハンガーはフックは日常的にハンガーをかけるのにも使えそうですが、キャンプに必須のLEDランタンを吊り下げるのにいいですね。ランタンをかけておける場所まで用意されているとは、TOYOTAさん、キャンプを分かってますね。

従来のヴォクシーも、キャンプや車中泊にGOOD!

まさに車中泊用ともいえるヴォクシーのMUですが、従来の7~8人乗りのヴォクシーも負けてはいませんよ。車中泊でヴォクシーの利用の口コミがヒントで、きっとトヨタがMUの販売にこぎつけたはずですよね。

そして車中泊と言えば、夜寝る時のベッドが重要ポイントになりますよね。しっかりと寝ておかないと、明日の行動に差し障ってしまっては、元も子もないですからね。

くつろげるシートアレンジ
  • ソファーモード
  • フルフラットモード

くつろぎはソファーモードで、リビングの快適さ!

フロントフラットソファモード 8人乗り

引用先:トヨタ ソファーモード(写真:8人乗り)

目的地について、ちょっとくつろごうと思った時、ヴォクシーなら、簡単にシートアレンジでくつろぎのスペースが出来ますよ。大人二人だったら、このソファーモードのまま就寝してもいいかもしれないくらい広々したスペースが現れます。

1列目シートのヘッドレストを外して、シートを後ろに平らになるまで全部倒します。そこで2列目シートの座面部分につなげ、2列目シートの背面を後ろに倒すことで、シートをソファーのようなスタイルに展開でき、ゆったりとくつろぐことができます。

就寝にはフルフラットモード!足を伸ばして寝られる

本格的にしっかり就寝したい時や、家族連れにはフルフラットで横になれますよ。やっぱり足を伸ばして寝ないことには、寝た気にならないですよね。

リヤフラットソファモード 7人乗り

引用先:トヨタ フルフラットモード(写真:7人乗り)

フルフラットは、1列目はそのままで、2列目シートのヘッドレストを外して後ろに倒すことで、3列目シートの座面につなげます。さらに、3列目シートも後ろに倒すとフルフラットな状態となり、ヴォクシーに大人が寝転がっても十分足が延ばせるスペースを作ることができるのです。

また、2列目のシートは7人乗りと8人乗りでは、シートアレンジは同じ展開が出来ますが、2列目シートの形状が違っています。

7人乗りシートは2列目シートがそれぞれにわかれているので、背もたれ部分に隙間もあいていますが、8人乗りのシートはベンチシートと一体型となっているので、凸凹感が若干小さいですよ。

このまま寝ることもできますが、シートの段差や隙間の凹凸が気になったり、シートベルトの留め具(バックル)が痛いとか感じると思います。そんな時にマットなどを敷いて解消することをおすすめしますので、後の記事の方で紹介しますね。

車中泊に使える、ヴォクシーの便利な装備

引用先:トヨタ

ヴォクシーでは便利な電源(アクセサリーソケット(DC12V・120W)が、全車に標準装備されています。充電用USB端子が2個も付いていますので、走りながら充電も出来るのが安心ですよね。

「キャンプに来たら充電切れした~」なんて、いざという時にスマホが使えなくてはシャレになりませんからね。これで2泊でも3泊でも心配ないですよね。

車中泊に必需品!便利グッズのあれこれ

キャンプの車中泊に必要なグッズがヴォクシーの純正オプションの中にもありました。でも必要品だけではなくあったら便利グッズも、合わせてキャンプに揃えたいですよね。ネットやアウトドア用品店などでも購入できますので、用意したいものをまとめてみました。

便利グッズを取り揃えて、車内を快適に過ごそう!

ヴォクシーの窓は大きいですよね。日が暮れて外が暗くなると外の景色と同じように車内も暗くなるため車内にいる人は気づきにくいのですが、車内でライトをつけたりすると、実は外からは丸見えなんです。

夜になったらどうせみんな寝てしまうから…なんて安心してばかりもいられません。快適に過ごすためにも安全確保が第1優先です。防犯と快適に必要なものが何なのかまとめてみました。

◆カーテン◆

車中泊に必要なのは、実は防犯のための目隠しです。夜眠ってしまえば無防備になりがちなので、とにかく外から見えなくしてしまうのが大事なんです。カーテンか代わりのモノなんでもいいので、プライバシーをしっかり守りましょうね。

ヴォクシーはオプションで室内カーテンもありました。オプションならヴォクシーのサイズにぴったりなので、車内の灯り漏れも少なくすみます。ドレープの美しい遮光率1級の遮光カーテンは高級感が際立っています。雰囲気を壊さないゴージャスなカーテンの価格は税込み57,240円でした。

週末レジャーを、もっと快適に。

引用先:トヨタ

同じくヴォクシーのオプションのカーテンで、遮光機能が付いていないプリーツタイプもありますよ。そちらのお値段は税込み41,040円でした。

そこまでカーテンにお金はかけたくない方いらっしゃいますよね~。欲しいオプションや便利グッズがたくさんあるので僕もそうなんですよ、ネットでも探してみたら、ヴォクシー用のカーテンの販売がたくさん見つかりますよ。

◆サンシェード&カーテン◆

また中には手作りしたり、100円ショップのもので代用している口コミも多かったです。手作り動画をアップされているのを見つけましたよ。

ケンタ
道の駅とかサービスエリアって、車中泊の為の施設ではないから、防犯対策用の灯りがまぶしいって聞くよ。仮眠の妨げ防止用にもカーテンが欲しいよね。

◆マット◆

View this post on Instagram

#車中泊ベッド 兼 #リビング 兼 #ダイニング 兼、兼、兼、、、。 発泡スチロールブロックとすのこ、専用クッションを駆使した旧型から、より快適な長旅を目指してバージョンアップ。 コンパネのささくれ対策で古いカーテンを再利用。 巻いてバッチンばっちんタッカー職人。 フローリングにダイレクト布団だとカチンコチンでちょっと腰にきたので、やっぱり高反発マットは必須という結論。かさばるけど。 その他諸々じわじわ改良中です。 それもまた楽し。 #車中泊 #車中泊の旅 #車中泊仕様 #DIY #手づくり #voxy #ぼくvoxy #にしても臭いよコンパネ #あれは北米の緩衝材の匂いらしい #匂いが移ってこいつらくせぇよとか思われてるんじゃないかと心配 #F☆☆☆☆ #フォースター だからホルムアルデヒドは大丈夫だと思うんだけど #ひたすら天日プラス風でだいぶマシにはなりました #イレクターパイプって便利

A post shared by aikox (@a_i_kox) on

中にはベッドも手作りされてる強者もいましたよ。確かにシートをフルフラットモードにしただけでは、まだ気になる凸凹も残ってますし、もう少し柔らかさも欲しいですよね。シートベルトのバックルも、ゴツゴツして痛いです。

それらを解消して快適に眠れるために、シートの上にマットを敷くのをお勧めします。お家の布団で代用されている口コミも見かけましたけどね。

ヴォクシーのオプションを選びたい方は、ジョイントクッション:税込み29,160円で注文出来ますし、ネットでも純正品を販売されていました。

◆段差解消マット◆

マットを敷いても段差が気になる方はこちらが便利です。マットの下に置いて、段差を解消するグッズで、ネットでもヴォクシー用として、隙間を埋めるマットがありました。

◆エアーマット◆

また日頃から腰痛の悩みのある方は、シートやマットの固さが心配ですよね。腰に優しいと評判で星5つ★★★★★も獲得している、腰に安心な寝心地の良いエアーマットはどうでしょう。使う時には空気で膨らませて使う様で、普段はコンパクトにくるくる丸めて収納もできるとありました。

「マットに厚みが8㎝もあるので段差が解消されます」と口コミにありましたので、段差の解消も出来るなら、一石二鳥ですよね。

◆ランタン◆

車中泊に忘れてならないのが、ランタンです。夜のムードを楽しむだけではなく、寝泊りするなら着替えだったり、食事だったりと何かと灯りは必要になりますからね。ヴォクシーに室内灯もありますが、バッテリーが心配ですよね。

自立するタイプのLEDランタンを用意しておけば、ぶら下げ出来る室内灯として、全体や1部分だけでも照らせますし、足元照明のような使い方も出来るので何かと便利です。もちろん夜のトイレ等で外へ出る事もありますよね。

こちらは単3電池2本の使って、優しく照らすことができるようです。あまり明るすぎると車内では眩しすぎる事もありますよね。キャンプに似合う形と、オイルランタンを思わせるような色がムードが楽しめると評判でした。

こちらは、モバイルバッテリー付きのランタンを見つけましたよ。お家で充電して持ってきたり、走っている間にも充電することも出来ます。車内の灯りとしてだけでなく、いざというときのスマホの充電も出来たりと、使い方がいろいろ出来ますよ。

マイ(妻)
車の燃料はエアコンの方にも使いたいし、いざというときの防犯用にも揃えておいてもいいかしら。

ケンタ
さすがマイさん!

◆車内専用バー(インテリアバー)◆

ヴォクシーは室内に高さがあるので、天井に服をかけたり、ネットを付けて軽めの荷物をぶら下げておけば、寝るスペースの邪魔にならないので、ぜひ利用したいとこです。

インテリアバー(突っ張り棒)なら、ヴォクシーのドアの上の方についてるアシストグリップ(取っ手)に引っかけて、ゴムで固定するだけで簡単に装着できるので、物をぶら下げるのに便利ですよ。

秋冬の季節にぜひ欲しい便利グッズ

又、秋冬など気温の低い時期にお出掛けしたい場合もありますよね。床面をフラットにしたのだから、毛布や薄い掛け布団だけでも良さそうですが、季節によって、夜中の車中は想像以上に冷え込むんです。

何しろ鉄の塊の中で寝るのですから、その冷えはもしかしたら冷蔵庫以上かもしれません。冬に車中泊をするなら、人数分の寝袋と数枚の毛布を用意は必須ですよね。

◆寝袋◆

寝袋はマミー型と封筒型とありますが、僕のおすすめは封筒型の方です。足元を開放して温度調節ができたり、全開することでブランケットになったり出来るので、その時の季節や気温によって調整がききますよ。

真冬の場合はさらに、寝袋は2枚重ねて使ってますとか、毛布も併用されているとの口コミもありました。

特に冬の寝袋を買うとき気をつけてくださいね。最低使用可能温度-〇℃なんて数字を信用していませんか。使ったことがある人ならもう実感されているでしょうが、死なない程度に耐えられるだけで、寒さを感じないわけではないのです。

ケンタ
友達の家に泊まる時、戸外用寝袋を使って室内で寝たけど、案外寒かったよ。

◆湯たんぽ◆

そんな時には昔ながらの湯たんぽが意外に重宝します。キャンプ用品御用達のLOGOSの商品を見つけました。ウエットスーツ記事なので触ると柔らかいんですって。

沸騰させた直前のお湯でも入れることが出来て、ロートまでついているので安全にお湯が入れられますよ。6時間後でも40℃もキープしてくれると評判です。

使用する時には少し冷ましてください」とありましたので。寝る少し前から入れておいて温めておけば暖かい寝床に入れるし、朝まで暖かいのがいいですよね。

◆充電式ブランケット◆

湯たんぽでは寝てる間にどこかへ蹴とばしてしまう心配がある人に、充電式ブランケットを見つけました。電源はなんとモバイルバッテリーさえあれば、ずっと暖かいんですって。

家族人数分揃えるのはお金が心配かもしれませんが、かわいい子供たちと超寒がりなママを、秋冬キャンプに連れ出したいなら準備は万全にして下さいね。

春夏の季節にぜひ欲しい便利グッズ

そしてキャンプの定番といえば、なんと言っても子ども達の夏休みを利用する場合があると思います。海や山の似合う夏に、キャンプにお出かけする家族は多いですよね。

◆網戸付きサンシェード◆

夏にはぜひとも欲しいものがありました。網戸付きサンシェードっていうのを見つけたんですよ。女性に限らず誰でも、蚊に刺されるのは嫌ですよね。蚊が入ってくると気になって、くつろぐどころじゃありません。これで蚊や小さい虫が入ってくるのを防げるんです。

マイ(妻)
あんまり暑くない日には、エンジンをかけっぱなしにはしたくないわよね。風の気持ちいい日には、網戸があれば風が通り抜けてくれて、快適に過ごせそうじゃない。

ヴォクシーにもオプションで網戸を見つけました。網戸は運転席と助手席用の2枚で、ウインドシールドガラス(フロントガラス)用のサンシェード1枚のセットで、お値段は税込み18,360円でした。

網戸付サンシェード

引用先:トヨタ

オプションよりもう少しお安く買いたい人は、こちらがおすすめです。ネットでもヴォクシー用をちゃんと見つけましたよ。

他にもまだまだキャンプや車中泊に持って行きたいものがありますよね。いざというときの救急箱や、小さいお子さんがいるのなら、ポータブルトイレもあった方が助かるかも知れません。

もちろんクーラーボックスも持って行きたいところです。何しろどんどん山や海に近づくにつれて、売店や自動販売機さえ姿を消しますよね(笑)。

まとめ

  • ヴォクシーMUは車中泊やキャンプに最適仕様
  • MUに標準装備も車中泊に最適で、さらに専用オプションまでアウトドア用にも考えられている
  • 今までのヴォクシーも、もちろん車中泊OK
  • いろんなグッズの販売がオプションでも市販でも色々ある

キャンプといえば、テントだと思っていましたが、車中泊仕様にして出かけたら、テントの設営の手間が省けますよね。またキャンプに限らず、帰省の移動等で夕方から夜にかけて出発した時にも、途中の仮眠にも重宝しそうです。

こんなに装備が揃ったら、今度は冬の雪遊びにも挑戦したくなりました。冬のアウトドアの詳しい情報が満載の下の記事にも書きましたので、合わせてどうぞ。

ヴォクシーの4WDを調査!スタッドレスタイヤでの雪道走行は?

2019.01.11
ヴォクシーが装備万端ならいつでも車中泊出来るので、気楽に出かけられて回数が増えそうです。僕は少しづつ便利グッズを買い足して、車中泊のとりこになりそうですよ。
スポンサードリンク

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)


車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。知ってたら誰でも使えるテクニックですね。

それだけ変わればオプションやグレード上げれますからね。
やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試す価値ありです。

この8項目だけ入力すればOK↓



→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、教えちゃいます。
→すぐに使える裏テクニックを手に入れる 車の値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓



→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です