オススメ自動車保険の比較!リアルな人気ランキングを調査!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

みなさん、間違いなく心から納得できる自動車保険に入れている自信はありますか?周りの人が入っている保険会社だからそこに決めた、業界ナンバーワンだからここに決めた、付き合いがあるからそこにした…自動車保険の加入社を決めた理由はそれぞれだと思います。

ですが他の保険会社としっかり比較して決めれた自信はあるでしょうか?ひとくちに自動車保険会社といっても、それぞれに得意としているサポートは全然違うんです!

この記事にたどり着いた方は今がチャンス!!本当に自分が必要としている保険はどれなのか、見直してみる良い機会ですよ~!僕が徹底的に調べ上げた本気でオススメな自動車保険について、様々な方面からランキング比較をしていきますので、ぜひ参考にしてみてください♪

スポンサードリンク

自動車保険のランキングサイトは嘘!?

自動車保険会社ってそれはそれはた~っくさんありますよね!

正直どれを選べば良いのかわからず、常に保険を選ぶモノサシサイトのランキングか周囲の人間から聞いた評判ですし、よくわからないから代理店のオススメ保険会社にそのまま加入する・・・なんて事もありがちです。

でも本当にその保険会社で良いんですか?ランキングサイトを心から信じてしまって良いんですか??

と、いうのも・・・僕はあまりランキングサイトのランキングには信憑性が無いかな・・・と感じてしまうためなんです。

皆さんはランキングサイトを見ているときに正直、え?本当にナンバーワンなの?って感じたことはないでしょうか。

僕は特に、”>良く評判を聞くメジャーな保険会社が下位なのにたいし、滅多に名前すらあがらないマイナーな保険会社がナンバーワンなものは本当かな~?って思いながら見てしまいます(笑)

ランキングサイトも数種類ありますが、正直根拠は一体?ってものや、あるサイトで1位だった保険会社が他のサイトでは10位になっていたりするのを何度も見かけますよ(汗)

ランキングには顧客数ナンバーワンや事故対応ナンバーワンなど、色々種類がありますし、だから違うのかなぁ・・・なんて漠然と考えてはいたのですが、情報が食い違うということはそれだけ信憑性が薄いと感じてしまいますよね。

マイ(妻)
それぞれの企業でアンケートをとったにしても、全く同じ人や人数に複数の保険について聞ける訳ではないからね・・・。
ケンタ
そうなんだよね。結局その保険の良さって入ってみた人たちの感想がベースになってくるし、顧客が多ければ多いほど賞賛の声も増える反面、批判の声も増えちゃうし・・・。

『顧客が増えれば賞賛の声も増える反面、批判の声も増える』これもまた大切な論点なんですよね。

結局はそれぞれの部門でナンバーワンと言われていても、自分が本当に求めているサポートが受けられる保険でない限り満足はできないんです!

確かにランキングサイトは真偽を疑う違和感や矛盾が生じることもあります。

毎日アンケートをとって、毎日その声を反映するなんてことはできませんし、それぞれのサイトごとでもある程度の誤差が生まれてしまうのかも知れませんね。だとしたらこれは仕方の無いことといえそうです。

それに顧客数のうち何%の顧客が満足しているのかによっても、顧客満足度ナンバーワンのランキングだって変わってきますし、事故対応にしてもどれだけの事故件数があるのかによっても変わります。

だからこそ、ランキングだけで決めてしまうのは御法度!!

それぞれの自動車保険会社が得意とするサポートをしっかり知って、どの保険会社が自分に必要な保険会社なのか見極めなくては、自分が満足のできる保険会社には巡り会えません!

気になる料金もそうですが、様々な方面で比較した自動車保険オススメランキングも紹介していきますので、ランキングばかりみていた方は是非参考にしてみてください!

安さを求めた通販型自動車保険と代理店を比較!

まずいろんな部門でのナンバーワンを紹介する前に、保険に入る上で最も気になってくると言っても過言ではない金額について触れていきたいと思います。保険料部門でのナンバーワンですね(笑)

皆さんは近年人気と注目をあつめている通信型の自動車保険ってご存じでしょうか?

まだほとんどの人が代理店などで自動車保険に入っているため、初めて聞いたという方もいるかもしれませんね。

この通信型自動車保険というのは、代理店などで自動車保険に入るよりとても安いと言われているんです!安いからといってサービスの質が落ちるようなことはありません(笑)

ではなぜ安いのか気になりますよね?その理由を軽く説明していきます☆

本来代理店などで保険に加入してしまうと、保険会社との間に顧客と保険会社をつなげる仲介人(企業)が必要になってきます。

この仲介というのは無料でやってくれるという訳はないんです!仲介をして貰うことによって、15%の仲介手数料がかかってしまうんですね。その仲介手数料が顧客の支払いに上乗せされてしまうため高めの料金になってしまうと言うことなんです。

マイ(妻)
あ~・・・アパートとか賃貸の物件探してる時なんかでも『家を探してる側と大家さん』をつなげてくれる仲介の不動産に支払う手数料ってあるもんね!
ケンタ
そうなんだよね。まぁいわゆるその顧客と大家であったり、顧客と保険会社であったりしても、その中間で出会う手はずを整えてくれた企業に手を煩わせてしまった分の手数料を払わなきゃならないんだ。
マイ(妻)
自動車の保険でもそういうことってあるんだね!しらなかった!

この仲介人や仲介企業がなく、保険会社と直接やりとりできるのが通信型自動車保険なんです☆仲介手数料分の15%も安くなるのはかなりお得といえそうですよね。

この通信型というのは、インターネットや電話を通して保険会社と直接やりとりできる方法のため、インターネットが普及している現代には持って来いの方法かと思います。

補足

  • 代理店加入保険とは

担当の仲介人の方と対面して会話をしながら、この仲介人を通して保険に加入する方法。車の販売店も仲介企業の1つになります。

  • 通信型保険とは

別名ダイレクト保険といって、電話やネットを通して保険に加入する方法。

通信型の自動車保険に加入するだけで15%も料金をカットできるんですからね~驚きです(笑)

でも正直、本当にサービスの質が悪かったりしないのか気になっちゃいませんか?

そこで、通信型自動車保険と代理店で加入した保険を比較してみることにしました!サービスや料金含め、本当にお得なのはどっちなんでしょうか☆

通信型保険と代理店加入保険はどちらがよりお得?サービスも比較!

通信型と代理店加入の自動車保険でどちらのほうがお得なのかについては結論からいうと、仲介手数料の無い通信型保険の方が断然お得です!

中には代理店加入保険の『東京海上日動』で約7万円する自動車保険が、通信型保険の『イーデザイン損保』だと約3万円台と、価格が2分の1以下になった方もいるんです!!

料金の比較
  • 代理店加入の自動車保険:約7万円
  • 通信販売型の自動車保険:約3万円

※それぞれの契約保険内容によって異なります。

通信型保険なら4万円はお得になっちゃうなんて、この差は大きいですよね(笑)金額を並べてみるとこの違いは圧倒的ですよね。

友人
ただ、車種とか走行距離・ドライバーの年齢・地域とかでも保険料の価格っていうのは決まってくるから、一概にこの価格だ!とは言い切れないんだよね~。
ケンタ
その通り!さすが年がら年中車を乗り回しているだけあるな(笑)

あくまでもこれは比較対象の価格だけなので、詳しい見積もりなどを知りたい場合は保険市場の自動車保険一括見積もりを使用して調べてみる事をオススメします♪

通販型自動車保険といってもピンからキリまであるようなので、迷ったらまずは一括で見積もりを出してみるのが良さそうです!

通販型自動車保険のサービスに問題は無い?

安い!!ということはと~っても嬉しいことだと思いますが、やっぱり気になるのは安さゆえのサービスの欠陥ですよね。

今まで車を買い換えたりする際にも毎回代理店型の自動車保険を選択してきた方からすると勇気が必要な一歩になってしまうかも知れませんので、サービス充実度についても調べてみました♪

今回はせっかくなので、先ほど名前をあげさせてもらった通信販売型自動車保険の『イーデザイン損保』と代理店加入型自動車保険の『東京海上日動』について比較していきたいと思います!

自動車保険ってなんのために入るのかと言われると、大抵の方が万が一の事故に備えてかと思われますので、事故対応について注目していきますね♪

東京海上日動(代理店加入型)
【補償やサービス】

  • 他人にけがをさせてしまった場合や他人のものを壊してしまった際に仲介役を担って相手方と示談してくれる
  • 乗車中や歩行中、自転車運転中に車と接触をしてけがをした場合の保険費用支払い
  • 契約車に事故などで生じた損害の保険費用支払い

※詳しい保証やサービスにいては東京海上日動の公式HPでご確認ください。

【事故対応】

  • 24時間365日の事故対応受付
  • 事故の際は専門のスタッフが電話にてアドバイスをしてくれる
  • 要望に応じて修理工場や病院への手配や被害者への連絡をしてくれる
  • それぞれの対応の後は24時間以内に状況報告の連絡をくれる
  • 最大で15万円までレッカー移動の費用を負担してもらえる
  • 故障時の緊急対応受付(バッテリー上がり、インロック時の鍵開け、スペアのタイヤ交換など)
  • 保険期間中1回のみで燃料切れ時に燃料をを10リットル分入れに来てくれる
マイ(妻)
保険料が高いだけあって結構いろんな事を保証してくれるのね!
ケンタ
そうだね。でも保険料の安い通信型だって保証内容はすごいんだよ(笑)
イーデザイン損保(通信型)
【保証やサービス】

  • 1年間無事故だと次のとしの保険料は無事故割引が適応される(+等級割引も有)
  • 継続割引で最大5%OFF
  • 過去1年間の走行距離に応じて保険料が確定する

【事故対応】

  • 24時間365日の事故対応受付
  • 事故時の相手方への連絡や病院・修理工場への連絡の他、代車の手配など事故当日中に対応をしてくれる
  • 全ての契約内容で事故時にセコムが現場に急行してサポートをしてくれる(追加費用は無し)
  • 示談交渉をしてくれる
  • 本来保険会社が示談交渉のできないもらい事故でも全ての契約内容に弁護士費用補償保険がある
  • レッカーサービスではイーデザイン損保指定の修理工場なら距離の制限はなし(修理工場指定がある場合は60kmまで)
  • 事故時の近くの宿泊先や帰りの交通手段を紹介してもらえる(費用は自己負担)
  • バッテリーや鍵開け、スペアタイヤの交換など、作業が30分程度のものは対応してもらえる
  • 燃料切れ時に燃料を配達してもらえる

※更に詳しい内容についてはイーデザイン損保公式HPで確認してください。

このように保険の価格は倍額違いますが、サービスや事故対応においてそんなに大きな違いはないんです!基本的に大きく違うのは病院の費用などを負担してもらえるかどうかってだけなんですね~♪

それで4万円近くも変わるうえに、走行距離で料金まで変わるということでもありますし、そこまで遠乗りしない方や頻繁に車で移動したりしない人、ここ何年も事故をしていない人などは通信型保険に見直すチャンスといえますね!

スポンサードリンク

本当にオススメな自動車保険はコレだ!部門ごとに優秀保険を紹介!!

冒頭でも少し触れていましたが、価格にしろサービスにしろ、本当に自分が求めている自動車保険で無ければ納得のいく保険には入れません。

その場の流れや成り行きに身を任せて決めた自動車保険で本当に満足できていますか?

これは自分にとって本当に意味のある自動車保険について考える絶好のチャンスなんです!

総合力・安さ・サービス性・事故対応・・・どれも正直欠かしたくはないものですよね(笑)ただ、それぞれに得意とする分野というものは存在します!

そこで、それぞれの分野でランキングを出してみましたので参考にしてみてください♪

総合力でオススメする上位3社

どこかに特化している自動車保険も良いけど、特にこだわりもない方からすると自分に合ったものを・・・と言われても困ってしまいますよね。

そこで、こだわりが無くてもオススメできる総合力でオススメの自動車保険を紹介していきたいと思います!

今回総合オススメにあたっては、口コミが100件以上あって満足度ランキングが上位の9社から紹介します。

さらに絞り込むため良い評価である★5中、★4以上の評価がされている割合と口コミ数から精密な満足度を割り出してみました♪

総合オススメベスト3!
※【オススメ順位】口コミ件数中★4以上の口コミの比率

  • 【3位】16.17%(口コミ数204件中):東京海上日動
  • 【2位】17.91%(口コミ数201件中):三井ダイレクト損保
  • 【1位】38.01%(口コミ数121件中):ソニー損保

総合第3位:東京海上日動

Total assist引用元:東京海上日動公式HPより

こちらは先ほど料金の比較対象として紹介させていただいた自動車保険会社です。

料金は決して安いとはいえませんが、口コミの多さやその中でも良い口コミの割合が高いため、利用者の満足度の高さがうかがえます!

利用者が多い分、必然的に悪い口コミも増えてしまうものですが、その中でも良い評価率が高いのは全体的にしっかりした印象を感じますよね♪

では満足できなかった方はどんな点を不満に思っていたのでしょうか?いくつか口コミを紹介していきたいと思います!

不満に感じられている点
  • 事故対応が最初は良かったけど途中から最悪
  • 応対窓口のマナーが悪い
  • 事故後に対応が豹変する
  • 都合が悪くなると担当が居ないと言われ、折り返しの連絡も無い
  • 担当がコロコロ変わって引き継ぎもされていない
  • 嘘で言いくるめようとすることがある

不満に感じられている方のほとんどは、担当の対応の悪さについて書かれているようですね。

交通事故の加害者側になってしまった方も、被害者側になってしまった方も同様に担当の対応が良いとはいえないという口コミが多い印象でした。

担当がコロコロ変わる、というのも担当変更要請が多いために起きてしまうことなのかもしれませんね(汗)

ただ、担当については逆に良い口コミもあります!続けて良い口コミをいくつか紹介していきます。

満足できる点
  • ロードサービスの対応が早く、バッテリーが上がってしまった際は10分で駆けつけてくれた
  • 夜中でも数コールでオペレーターにつながって全ての手配をしてもらえた
  • 支店によって対応が悪いこともあるが基本的には良い
  • 車が動かなくなってしまったときの対応が素早い
  • 事故時に相手との仲介をしっかりしてくれる
  • 事故時のけがを気遣う対応がみられたり、相手の保険会社との付き合いを教えてくれた

このように良い口コミもたくさんあります。

事故対応としては、支店によって対応が違ったりして不満が上がってしまっていたようですが、良い支店にはかなり良い対応をしてもらえそうです!

そして何より嬉しいのがロードサービス駆けつけの素早さですね。

口コミの中には、大雪で溝に車が落下してしまい、都心から離れている上に悪天候ということで、駆けつけまでに2~3時間かかると言われたのに1時間もしないで駆けつけてくれた!という安心できる口コミもありましたよ♪

東京海上日動について更にいろいろな口コミを見てみたい!という方はコチラの東京海上日動みん評口コミから確認してください。

総合第2位:三井ダイレクト損保

HDI-Japan「格付けベンチマーク」 HDI格付けにおいて「問合せ窓口」、「Webサポート」および「モニタリング」の三部門で、最高評価の「三つ星」を獲得 保険料を安く、安心を厚く。 自動車保険は三井ダイレクト損保 イメージ画像 本田翼

引用元:三井ダイレクト損保公式HPより

先ほど紹介した東京海上日動は代理店型なのに対し、三井ダイレクト損保は通信販売型の自動車保険になります。

正確に言うと、代理店型での加入も通信型での加入も可能なのですが、安く済ませるのであればせっかくなのでインターネットから加入した方が良さそうですね♪インターネット手続きだと最大10,500円の割引がうけられるのだそうです。

こちらも口コミ件数は200件を越えていて、約18%もの人が満足したと口コミをしていました。これだけ★5中で★4以上の口コミがあるのは良い評価が多い方なんです!

では、不満を感じた方の口コミから順に見ていきます!

不満に感じられている点
  • ケガ担当や車担当など、担当のものに・・・が多くて手間がかかる
  • 事故現場の確認がGoogleストリートビューだった
  • 事故後の相手の状態だとかの連絡が一切無く、問い合わせても無駄だった
  • 契約更新日が近づくと、契約継続を促すメールがかなりくる
  • 保険料を払いたがらないけど根気強く対応してやっと受け取れた
  • 事故担当の人との電話でのやりとりは口論になる可能性が高いため、メールでのやりとりを推奨

こちらも担当の方への不満がゾクゾクとでていますね(汗)

三井ダイレクト損保では、事故担当の方の対応の悪さが特に目立っているイメージがありました。ただ、コチラも支店によって対応がまちまちなようですね。

中には2度の事故でも事故対応が素早く、的確に対応してくれたという口コミもありましたよ♪続けて良い口コミの紹介です!

満足できる点
  • 事故時、加害者側の相手が保険未加入でもそういった場合の対応の相談もしっかり乗ってくれた
  • ロードサービスを利用しレッカー移動をして貰った際、レッカーの運転手の方もすごく良い人で、良い業者を雇っているなと感じた
  • 旅行中のレンタカーで事故にあってしまった際にも相手との間に仲介として入ってくれて何種類かの書類を記入ずるだけでスムーズに話が進んだ
  • オペレーターの方の対応がとても良い
  • コスパがとても良い
  • 遠方での故障で代車の利用になると自宅に帰るというのが現実的に無理で困っていたけど、宿泊費用サービスが使えるということでとても助かりました
  • 事故時に的確なアドバイスをもらえた

このように、悪い担当にあたってしまったときは最悪ですが、そうでなければ良い対応をしてくれるということで、まずは自分が加入を考えている支店の口コミなどについて調べてみるのが良いのかもしれませんね。

ロードサービスは東京海上日動と同等ほどのサービスを受けられますし、それでいて料金が安いために良い口コミの比率も高くなっていたのかもしれません。

その他の口コミにも興味がある方はこちらの三井ダイレクト損保みん評口コミから確認してみてください。

総合第1位:ソニー損保

ダイレクト自動車保険 16年連続売上No.1(※) 安心を、もっと安く。ソニー損保の自動車保険 ※自動車保険を主にダイレクト販売している損害保険会社の2017年度自動車保険料収入より(弊社調べ)。

引用元:ソニー損保公式HPより

ソニー損保は100件以上の口コみがありますが、他の自動車保険会社と比較するとかなり満足したという評価が多かったんです!

多くの口コミがある中でも38%以上もの方々が良い評価をしているのは非常に驚きです!

その他ランキング上位9位の自動車保険の良い口コミ割合を算出しましたが、ダントツトップなのがソニー損保ということもあり、とっても期待できますね♪

そんなソニー損保ですが、全く悪い評価がないという訳では無いんです。こちらもまずは悪い評価の紹介をしていきたいと思います。

不満に感じられている点
  • ぶつけられてコールセンターに電話をしたら、担当につながれた途端高圧的な態度をとられた
  • 支払いになると言い訳ばかりで入金を先延ばしにされた
  • 病院が整骨院に行くのを認めない限り病院と整骨院の併用は禁止といわれた
  • 事故後7時間経っても電話は無く、事故対応が遅すぎる
  • 事故相手がソニー損保で、確実に相手の過失であってもソニー損保からうちは悪くないと言われた
  • 弁護士特約を使ったが内容を伝えていなかったらしく、手の打ちようがなくて完全敗北。担当が変わったら問題はなかった
  • CMなどの影響なのか保険料が高くなった。4年前と比較して2万円値上げしていた

他の保険会社と比較すると、そこまで事故対応などが悪いわけではなさそうですが、電話で高圧的で横柄な態度をとられたという口コミが多く見られました。

そのほか、他の保険会社を利用している中で、ソニー損保契約の方と事故を起こしてしまったという口コミの中では、ソニー損保契約者が確実に悪いにもかかわらず、ソニー損保の人にうちは悪くないと言い切られたという口コミも数件あるようでした。

事故対応が遅いという口コミもありますが、多くの保険会社の口コミを見ていると、対応が遅いというのは良くあることなので、そこまで気にする必要性はなさそうな気がします。

事故内容によっては手続きに時間がかかる場合もありますし、保険料を支払ってくれなかったという口コミはありませんので、あまりにも遅すぎる対応の場合に時折電話を入れてみてのんびり待つのが良いかと思います♪

続けて良い口コミです。

満足できる点
  • ロードサービスが無料と言うことで不安はあったものの、2度のエンストも迅速に対応してもらえた
  • 車両保険に入っていたため、事故時に料金が一切かからなかった
  • 出先でエンジン故障した際は応急措置をしてもらい、帰りのタクシー代まで負担してくれた
  • 事故後にすぐ電話があり、担当の方の対応もすごく良かった
  • 焦って電話した際に窓口の女性が優しく落ち着かせるように話してくれた
  • 走行距離で保険料が安くなるのがすごく良い
  • レッカー代や交通費が無料になるのが嬉しい
  • 新規加入での料金がとても安い

このように良い口コミの大半がロードサービスや事故対応の迅速さについてでした。

不満に感じた点の口コミでは料金が高くなったという方もいたようですが、レッカー代や交通費が無料になる点でカバーができそうです♪

また、保険料が高くなったという方はもしかすると前年の走行距離がいつもより長かった可能性もあります。そういった点からソニー損保は長距離の運転を毎日するような方にはオススメできないかも知れませんね。

料金が気になるという方の中には、新規加入がお得だからと、保険満期に別の保険会社に切り替え、さらにそちらが満期になると新規加入でソニー損保に加入するというやり方を10年も続けて料金を抑えている方も居ました。

少し面倒くさいかもしれませんが、安さにこだわるのであればこの方法はかなり賢いやり方ですね(笑)

その他の口コミはこちらのソニー損保みん評口コミから確認してください♪

保険料が安いオススメの上位3社

自動車保険のサービスとしてはある程度受けられればいいから、どうしても安い自動車保険が良い!!中にはそんな方もいらっしゃいますよね。

ただ、自動車保険料といってもそれぞれの会社で保険料を決定するための必要情報は結構ちがうんです(汗)

保険料決定の際に必要な情報として例をあげると、年齢であったり等級であったり、過去の事故歴の有無・免許をとって何年目か・走行距離・・・簡単に出しただけでもいろんな項目があります。

等級とは何か?

  • 自動車保険における等級は数字が上がれば上がるほど保険料が安くなっていく仕組みののことです。1~20等級まであり、最初の契約時には6等級から始まるのが一般的!
  • 保険加入時に1年間無事故であれば1つずつ上がっていきますが、反対に事故を起こしてしまうと3つ程下がってしまうんです(汗)
  • ※【例外】火災や爆発・いたずらに落書き・窓ガラスの破損・落下物など、偶然で生じた損害については1等級ダウンの扱いになるようですね。

では、ここからはオススメする自動車保険会社それぞれの年間の平均支払い金額と共に、サービスの充実度などを紹介していきます!!

安さだけで選ぶと落とし穴もたくさんあったりするものですが、その中でもある程度サービスも充実していて保険料が安いというオススメ自動車保険について、下でランキング化してみました♪

保険料が安いオススメベスト3!
  • 【第3位】SBI損保
  • 【第2位】セゾンおとなの自動車保険
  • 【第1位】チューリッヒ

安さ第3位:SBI損保

皆さまに選ばれてNO.1SBI損保の自動車保険

引用元:SBI損保公式HPより

こちらの自動車保険は利用している方も多く、口コミも250件近くあります。その中でも★5中★4以上の良い口コミの比率が9.74%でした!

他の自動車保険会社と比較すると比率は低めですね(汗)

口コミの件数が多ければ多いほど比率の振り幅も大きくなってしまいますし、比率が低いからダメだという訳ではないんです♪

口コミの中にはロードサービスが充実していて、ガス欠時にすぐ助けて貰ったというものや、事故対応が遅いという方がいる反面、担当によってはものすごく事故対応が速かったという方も居ました。

総合1位のソニー損保と比較するとサービスは良くはありませんが、安さゆえに契約をしている方も多くいるようです。気になる平均の年間保険料は下で確認してください。

年齢別:年間の自動車保険平均価格

※車両保険『未加入』/『加入済』で金額が変わります。※

  • 【25歳】:『68,626円』/『122,226円』
  • 【30歳】:『41,311円』/『72,974円』
  • 【35歳】:『39,186円』/『68,058円』
  • 【40歳】:『37,532円』/『71,447円』

このように年齢によって大きく金額がかわっていますね!

車両保険未加入時の保険料で計算しても月々の支払い25歳頃は約5,700円なのに対し、40歳頃は約3,100円2,000円以上の差がうまれています。これは、年齢別の事故件数に基づいて料金が設定されたものらしいですよ。

車を運転し始めたばかりの20代は事故を起こす確率が高いため保険料も高く、運転になれ始めた30代後半あたりからは保険料が安くなるという仕組みです。うまくできていますね~(笑)

最近では高齢者の自動車事故が社会問題とされてきているため、高齢者の自動車保険もまた高めに設定されている場合が多いようです。

マイ(妻)
確かに最近ニュースをみていると、高齢者の方の事故を見かける回数が増えた気がするわね。
ケンタ
そういえば色々とニュースになってる時にコンビニで働いている友人から、年もとったし免許を返納しようと思って必要書類をコピーしにきたと話しているお婆ちゃんがいたってきいたな。
マイ(妻)
年をとると知らず知らずに反射神経だとか鈍ってくるってうちのおじいちゃんも話してたなぁ・・・。そう考えると妥当な価格設定なのかもしれないね。

安さ第2位:セゾンおとなの自動車保険

ネットだから安くて ネットだけどしっかり安心 さらに おとなならではのサービスも

引用元:セゾンおとなの自動車保険公式HPより

先ほど紹介させていただいたとおり、事故率が低くなってくる40代~50代向けの自動車保険がこちらのセゾンおとなの自動車保険です♪

こちらの保険会社は事故率が低い年代の『保険料格安』に特化しているようなんですよ。

もしもの事故現場にはALSOK隊員が駆けつけてくれたり、事故対応窓口やロードサービスでも24時間365日つながるようです!家族がいるとどうしても土日のお出かけが増えてしまいますし、土日もつながってくれるというのはとても嬉しいですね♪

口コミをみていると、こちらも事故後の保険料支払いが遅いという口コミを数多く見かけましたが、他の保険会社で見られるような価格帯についての不満点は見つけられなかったので、大半の方が保険料には満足している印象です。

こちらもロードサービスがしっかりしているようで、全国13,000カ所から駆けつけてくれます。都道府県別で計算しても単純計算で1つの県に約300カ所近く拠点があることになるんです(笑)

スペアタイヤ交換やオイル切れなどのロードサービス対応が素早いという口コミが多い所以はここにあるのかもしれません。

事故率の低い年代向けの保険なだけあって、ロードサービスに関してはかなり力を入れているようでした!更に気になる保険料は下のほうで紹介させていただきます♪

年齢別:年間の自動車保険平均価格

※車両保険未加入の場合。加入時は約2倍と予想。※

  • 【30代】:31,720円
  • 【40代】:27,198円
  • 【50代】:48,990円
  • 【60代】:40,463円

年間支払額でもかなりの低コストですよね!

ただ保険サービスの組み合わせによっては年間50,000円を超える場合や、逆に10,000円ちょっとの料金だったりと、本当にピンからキリまで変わってきそうです。

全体の保険会社の平均としてはかなりの低コストということもあり、安さを求める30代~60代までの年代の方がこぞって集まっているようで、口コミも50代~60代の方々がとても多いようでした。

安さ第1位:チューリッヒ

チューリッヒは、日本で30年。お客様の声と共に、歩んできました。 親身に対応していただいた。真っ先に体の状況を心配して頂いたことに感銘を受けた。(神奈川県在住 男性)

引用元:チューリッヒ公式HP

保険料の安さ&サービスの充実度で言えばチューリッヒが1番オススメできる保険会社かなと思います。

こちらは口コミ全140件以上の中で、★5中★4以上の良い口コミをしている方が18件で、比率としては12.76%の方が良かったと評価しているようです。

事故対応に関しては少々悪い口コミが目立つ印象でした。ただ、他の保険会社と同様に多くの口コミは担当の対応の悪さが原因のようです。

マニュアルが行き届いていないのか、事故対応窓口の方とオペレーターの方が全く違うことを言っているというようなことがあったようですね。

反対にオペレーターの方はかなり感じが良く好印象だったという意見も多く存在していました。事故担当に関しても良い担当の場合は後味の悪い事故でも心が救われたという方もいるようです。

また、嬉しいのがロードサービスの充実度なんですよ♪24時間365日電話対応がつながるのは勿論のこと、レッカー移動の際も保険会社指定以外の工場へのけん引でも100kmまで無料なんです!

100kmまで無料なんて!!よほどの遠出でない限りはほとんどの工場へいけそうですよね(笑)

事故対応満足度がある程度良い上に、ロードサービスの満足率が高く、料金まで安い!!ということでこちらの保険会社を安さナンバーワンとさせていただきました♪気になる年間の平均自動車保険料は下をご覧ください。

年齢別:年間の自動車保険平均価格

※車両保険未加入の場合。加入時は約2倍と予想。※

  • 【30代】:48,775円
  • 【40代】:41,970円
  • 【50代】:30,625円

年間の平均金額が安いといえど、1つ前に紹介させていただいたセゾンおとなの自動車保険と比較すると少し高めですね。

それでもコチラを1位とさせていただいた理由としては、その事故対応力にあります。

セゾンおとなの自動車保険ではあまり事故対応に関する良い口コミを見かけられなかったのに対し、チューリッヒはロードサービスの他、事故対応に関しても満足したという口コミをいくつか見かけたんです♪

完全な安さをとるなら『セゾンおとなの自動車保険』がオススメですが、安さの他にロードサービスと事故対応もある程度均衡がとれたものが良いというバランス重視型の方にはこちらの『チューリッヒ』がオススメになります!

ここまで総合トップ3と安さトップ3を見てきましたが、料金は高くてもサービス充実度が高い自動車保険が良いという方は次で紹介しますので確認してみてください♪

ロードサービス重視のオススメ上位3社

総合力や料金でオススメの保険会社を見てきましたが、いくら安くてもロードサービスがしっかりした会社がいいですよね。

安い保険に入ったもののロードサービスの面で納得がいかなければお金を払って自動車保険に加入した意味がありません。

と言うことで続いてはロードサービスで満足している利用者が多かった保険のオススメを紹介していきたいと思います♪

ロードサービスが良いオススメベスト3!
  • 【第3位】そんぽ24
  • 【第2位】ソニー損保
  • 【第1位】チューリッヒ

こうして順位を見てみると驚きですよね。ロードサービスでオススメする上位3位の自動車保険は、すべて通信型保険なんです!

交通事故よりよく使うであろうロードサービスですが、ほとんどの皆さんが代理店加入型の自動車保険の方がしっかりしていると考えるのではないでしょうか?

僕もロードサービスに注目して調べるまではそう思っていたんです!代理店加入型の自動車保険は料金も高いので、そんな潜在意識が生まれてしまうのかもしれません(汗)

それでは僕がオススメするそれぞれの保険会社についてロードサービス力を見比べていきましょう!

ロードサービス力第3位:そんぽ24

ロードサービスをすべてにご契約にもれなくセット!

引用元:そんぽ24公式HPより

こちらのそんぽ24は今まで紹介してきた自動車保険の中にはありません。その理由としては利用人数の少なさと口コミや評価があまり良くなかったと言うものがあげられます(笑)

口コミ数が少ないため少し悩んだのですが、ロードサービス力に関しては相当優秀なものになっていたので今回は紹介させていただくことにしました!

ではどんなロードサービスが受けられるのかを紹介していきたいと思います♪下の緑色のボックス内で確認してください。

そんぽ24で受けられるロードサービス
  • バッテリー上がり
  • タイヤパンク時のスペアタイヤの交換
  • ガス欠
  • 車内に閉じ込めてしまった鍵の回収
  • 落輪

【レッカー移動の無料範囲:100km】

どれも普段から意識して注意していても、ついうっかりミスをしてしまうことがあるものばかりですね。

しかし、これだけ多くのことをロードサービスとして保証してくれているのであれば万が一の時にも安心して利用できるかと思います。

マイ(妻)
私が免許を持っていて車を運転していたらうっかり鍵とかよく閉じ込めてしまう自信があるわ(笑)
ケンタ
いや〜・・・そんなところに自信を持たれてもなぁ(汗)

こちらの保険会社は自動車保険を専門に取り扱っているため、ロードサービスの拠点も全国に9500カ所以上存在しているそうです!これだけ拠点があると連絡をしてからすぐに駆けつけてくれそうですね。

その他のサービスについて

  • 宿泊費用限度額:ロードサービス利用時に車に乗っていた人全員分の宿泊費を1泊分まで
  • 自宅に帰宅するための費用:ロードサービス利用時に車に乗っていた人全員分を保証(※タクシーを利用する場合は総額1万円まで)
  • 車両搬送の限度額:なし

ロードサービス力第2位:ソニー損保

引用元:ソニー損保公式HPより

このロードサービス力第2位のソニー損保は、総合力の第1位でもありました!総合力の方で紹介させていただいた良い口コミの中にも、ロードサービスについて多く書かれていた印象があります。

ソニー損保は利用している方も多く100件以上の口コミがあります。その中でも満足したと言う声が多かったので総合力の第1位にもさせていただきました♪

他の自動車保険と比較したときに圧倒的に良い口コミが多かったと言うこともあり、僕が調べた中では特に信頼度が高い自動車保険会社なのではないかと思います!

ではロードサービスで受けられる内容を紹介していきます。下の緑色のボックスを確認してください♪

ソニー損保で受けられるロードサービス
  • バッテリー上がり
  • タイヤパンク時のスペアタイヤの交換
  • ガス欠
  • 車内に閉じ込めてしまった鍵の回収
  • 落輪

【レッカー移動の無料範囲:50km】

先ほど紹介したそんぽ24と比較するとレッカー移動の無料範囲が半分の距離になってしまっています。また、ガス欠時のロードサービスの対応としてはそんぽ24の方が良いと言う意見がありました。

ただ総合満足度ではソニー損保が第1位であったため、今回ロードサービス力でも第2位としています。

ロードサービスの拠点としては全国に9000カ所以上とそんぽ24より500カ所ほど少なくなっているんです。しかしこちらは土日などの休日の事後対応でも迅速に対応してくれるようなんですよ!

マイ(妻)
さすが総合満足度第1位の自動車保険ね♪少ない拠点でも良い口コミがずば抜けて多いなんて確かに信用度が高そう!
ケンタ
ロードサービスもそうだけどもし万が一車が使えない状態になった場合の対応もしっかりしているんだ!
その他のサービスについて

  • 宿泊費用限度額:車検証に記載されている定員数を限度に従い支払われます。
  • 自宅に帰宅するための費用:同上
  • 車両搬送の限度額:なし
ケンタ
定員数を守らなければ道路交通法違反で違反点が1点減点されるのと、6,000円の罰金刑になるのでしっかり守りましょう!
マイ(妻)
6,000円もあったらおいしいものも食べれるわね♪それに大人がしっかりとルールを守って、子供の良い見本になるのは大切なことよ!

ロードサービス力第1位:チューリッヒ

業界最高レベルのロードサービス!※

引用元:チューリッヒ公式HPより

チューリッヒは上の画像のように自サイトでも業界最高レベルのロードサービスと紹介している通り、ロードサービスにおいてもかなり優秀な自動車保険となっています。

安さ第1位の自動車保険であるとも紹介させていただきましたが、安くてロードサービスが充実している自動車保険と言えば『チューリッヒ』といっても過言ではなさそうです!

ロードサービスの拠点としてもそんぽ24と並び、全国に9500カ所以上存在しているんです♪チューリッヒで受けられるロードサービスは以下で紹介しています。

チューリッヒで受けられるロードサービス
  • バッテリー上がり
  • タイヤパンク時のスペアタイヤの交換
  • ガス欠
  • 車内に閉じ込めてしまった鍵の回収
  • 落輪

前2つで紹介させていただいた自動車保険と比較してもロードサービスで受けられる保証は特に変わりはありません。しかしこちらはガス欠時の対応はあまり良くないと言う意見も出ていました。

しかもそれぞれのロードサービスにおいては保険期間中に各1回しか利用することができないんです!

それならなぜそんぽ24、ソニー損保と比べてチューリッヒを第1位としたのか疑問に思いますよね(笑)その理由はもし万が一車が動かなくなったときの対応にあります♪

その他のサービスについて

  • 宿泊費用限度額:ロードサービス利用時に車に乗っていた人全員分の宿泊費を一泊分まで
  • 自宅に帰宅するための費用:ロードサービス利用時に車に乗っていた人全員分の費用を全額補償
  • 車両運搬の限度額:なし

もし長期休みに家族旅行でロードサービスを利用することになったら、せっかくの長期休みなのにどこにも向かえずその場で宿泊、と言うのは子供たちのテンションも下がってしまいます。

まだ日があるうちなら1度帰宅して旅行計画を練り直したりして次の日から公共交通機関などを利用して仕切り直した方が良いと思いませんか?

それに、旅行最終日で次の日から仕事があるのに遠出をしてしまっていて『自宅に帰れない』もしくは『移動費の保証をされる限度額が決まってしまっている』なんて場合には移動費だけで痛い出費が出てしまいます(汗)

そういった様々な場合を想定したときに、チューリッヒの移動費は車に乗っていた人全員分を全額補償と言う部分に助けられるかと思います!

何よりこれだけの保証が付いていて安さ部門でも第1位と言うのは家計的にも素晴らしいです♪

ロードサービスが保険期間中に各1回と言うのは少し残念ではありますが、ガス欠や鍵の閉じ込めなどそんなに度々起こることでもありませんし、少し気をつければ防げることです!

ロードサービスの回数については100歩譲ったとしても、安い上にロードサービスの対応も良く、その他のサービスまで充実しているのは最高の保険と言えるでしょう!

自動車保険ランキングのまとめ

ここまで、様々な部門で自動車保険を紹介してきました。一口に自動車保険と言ってもこれだけ様々な方面から探すことができるんですね。

最後に、紹介してきた自動車保険ランキングを下でまとめてみましたので、自分に合った、もしくは、自分が本当に求めている自動車保険がどれにあたるのかもう一度見直してみてください♪

【総合力上位3位】

【安さ上位3位】

【ロードサービス上位3位】

賢く「お得で安心できる自動車保険」は一括見積もりで!

すでに自動車保険に入られている方は、じっくり考えて決めた自動車保険だと条件が良くなる以外ではできれば今の内容から動かしたくは無いですよね。

初めて自動車保険に加入する方も、自動車保険の見直しを考えている方も、賢く今よりももっとお得な自動車保険に加入するためには同じ内容・同じ条件で多数の自動車保険会社に一括見積もりを出してみるのがオススメです!

紹介させていただいた安さでオススメの保険会社でも契約者の平均の料金なので、やはりご自身が求める保険内容で料金なども知りたいですよね。そんな時にこそ一括見積もりを活用してみてください。

一括見積もりと言ってもいくつもサイトがありますし、今回は自動車保険一括見積もりのオススメサイトのオススメも紹介していきたいと思います♪

口コミ第1位の一括見積もりサイト

今回こちらのブログでオススメさせていただくのは、一括見積もり業界トップの良い口コミがされている『保険スクエアbang!自動車保険』です。

保険スクエアbang!自動車保険であれば簡単3ステップで一括の見積もり依頼ができてしまいます。

こちらのブログでも紹介させていただいた総合力で第1位のソニー損保や、安さ第2位のセゾンおとなの自動車保険などにも見積もり依頼を出すことができますよ〜!

一度の入力で見積もり依頼ができる自動車保険会社

  • ソニー損保(当ブログのオススメ保険会社:総合1位
  • 三井ダイレクト損保(当ブログのオススメ保険会社:総合2位
  • 東京海上日動(当ブログのオススメ保険会社:総合3位
  • チューリッヒ(当ブログのオススメ保険会社:安さ1位、ロードサービス1位
  • セゾンおとなの自動車保険(当ブログのオススメ保険会社:安さ2位
  • SBI損保(当ブログのオススメ保険会社:安さ3位
  • アクサダイレクト
  • イーデザイン損保
  • あいおいニッセイ同和損保
  • 楽天損保
  • AIG損保
  • 共栄火災
  • セコム損害損保株式会社
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 三井住友海上
  • 全労済

こちらの全16社に一括見積もり依頼を出すことが可能になっています。

また、一括見積もりを依頼するにあたって前もって準備しておかなければならないものがありますので、下で確認してください♪

前もって用意するもの
  • 運転免許証
  • 車検証(新規加入の場合)
  • 保険証券(既に加入済みの場合)

免許証などを用意した後は必要項目で条件を入力していきます!後は結果を比較するだけです。とっても簡単ですね♪

ここで嬉しいのがメールでの結果受け取りの場合は見積もり結果が入力完了後すぐに送られてくることです!郵送にした場合は最長でも1週間程度、時間がかかります。

保険スクエアbang!の口コミや評価(総合評価★4.2/★6中)

口コミの一部を抜擢

『★1~★2/女性(40代)&男性(30代)』

  • 多くの保険会社に一括で見積もりがとれるが、見積もり後もダイレクトメールが多いのが辛い。
  • 保険決定後にも頻繁にダイレクトメールが来るため困った。

『★5~★6/女性(40代)&男性(30代)』

  • 見積もり後の各社への対応が大変かと思ったものの、そんなことはなくスムーズに対応ができた。
  • 一度の入力で多くの保険会社に見積もりがとれるため非常に便利。
  • 最適な保険を選びたいので、比較検討ができるのがありがたい。
  • しつこい勧誘電話もなく、保障内容の変更もインターネット上で簡単にできて再見積が可能。
  • 保険会社に問い合わせたところ迅速な対応をしてもらえた。

悪い口コミや評価はほとんど見られず、見かけてもダイレクトメールについてばかりでした(汗)

確かに勧誘のダイレクトメールは少し嫌だなぁと感じることもありますが、もし保険決定後にもうるさいようであれば、着信拒否などをしてみるのも1つの手ですね♪

スポンサードリンク

まとめ

  • 自動車保険ランキングのサイトは信用しきらない方が良い
  • 安い自動車保険を求めるならサービスも文句なしの通信販売型の自動車保険がオススメ!
  • 代理店で加入した自動車保険は代理店が仲介となるので、仲介手数料が加わり高くつく
  • 総合力ナンバーワンはソニー損保
  • 安さ&ロードサービスのナンバーワンはチューリッヒ
  • サイトで一括見積もりをとるなら保険スクエアbang!がオススメ!

一見小難しい自動車保険についてですが、細かく調べれば調べるほどお得に安全な自動車保険を選択することができそうですね。

今まで自動車保険の料金や対応に満足感を得られなかった方も、初めて自動車保険の加入を考えている方も、是非当ブログを参考にして、自分に合った良い自動車保険と巡り会ってください♪

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です